「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2000年代後半を振り返る】ドラフト下位指名からのブレイクは?

2017 9/13 14:03cut
野球,バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年:育成ドラフトから山口鉄也選手が入団

高校生ドラフトと大学生・社会人ドラフトの分離ドラフトとして行われた2005年のドラフト会議。高校生ドラフトの目玉は「浪速の四天王」と呼ばれた大阪府出身の4名だった。なかでも、150キロを超えるストレートを投じていた大阪桐蔭高校の辻内崇伸選手に注目が集まった。その辻内選手はオリックス・バファローズと読売ジャイアンツが競合。抽選の末に巨人が交渉権を獲得している。

希望入団枠制度が用いられていた大学生・社会人ドラフトの上位では福岡ソフトバンクホークスが松田宣浩選手、オリックスが平野佳寿選手と第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表となった選手を獲得した。

この年のドラフトで下位指名からもっともブレイクした選手は、巨人の山口鉄也選手だろう。山口選手は巨人の入団テストを受けた上でドラフト指名されたが、支配下ではなく育成ドラフトだった。しかし、入団2年目となる2007年に支配下登録を勝ち取ると32試合に登板。中継ぎとしての地位を確保する。翌2008年からは9年連続で60試合以上に登板し270ホールドをマーク(2016年終了時点)。この数字はプロ野球記録となっている。

2006年:下位指名から2名の首位打者が誕生

前年に引き続き、高校生ドラフトと大学生・社会人ドラフトの分離ドラフトとなった2006年。高校生ドラフトでは駒大苫小牧高校の田中将大選手が4球団、愛工大名電高校の堂上直倫選手が3球団、八重山商工高の大嶺祐太選手、鷺宮高校の増渕竜義選手がそれぞれ2球団競合となった。その他には坂本勇人選手らもこの年のドラフトで入団を果たしている。

大学生・社会人ドラフトでは岸孝之選手が西武埼玉ライオンズ、嶋基宏選手が東北楽天ゴールデンイーグルスへと入団を果たした。

下位指名からは2名の首位打者が誕生している。千葉ロッテマリーンズに7巡目で指名された角中勝也(かくなか かつや)選手、福岡ソフトバンクホークスに5巡目で指名された長谷川勇也選手だ。

両選手ともに巧みなバットコントロールを武器に安打を量産。角中選手は2012年、2016年、長谷川選手は2013年にパリーグの首位打者を獲得している。角中選手は独立リーグ、長谷川選手は大卒と即戦力としての期待もある中ですぐには開花しなかった。しかし、デビューから数年後に首位打者を獲得するほどにまで成長したのだ。

おすすめの記事