「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2010年代を振り返る】ドラフト下位指名からのブレイクは?

2017 9/13 14:03cut
野球,グローブ,ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年:下位指名から各球団のセットアッパー、クローザーが!

2010年のドラフトは、当時「ハンカチ世代」と呼ばれていた1988年生まれの選手達が中心だった。早稲田大学の斎藤佑樹選手、大石達也選手を始めとした大卒選手が注目の的だった。1位指名では大石選手に6球団、斎藤選手に4球団が重複し、単独指名は佛教大学の大野雄大選手(中日)、中央大学の澤村拓一選手(巨人)の2名のみだった。また、山田哲人選手(ヤクルト)、柳田悠岐選手(ソフトバンク)、秋山翔吾選手(西武)ら2017年現在各チームの主力として活躍する選手達もこのドラフトで指名を受けている。

このように上位に有力選手が固まっていたドラフトでも、下位指名からブレイクした選手は存在する。

広島東洋カープが6位で指名した中﨑翔太選手もそのひとりだ。宮崎県の日南学園高校からプロ入りした中崎選手は、2014年から中継ぎに転向し、翌2015年途中からはクローザーを任されている。2016年は34セーブをマーク、リーグ優勝に大きく貢献し、リーグを代表する選手のひとりとなった。

この年横浜ベイスターズから、6位で指名されたのが福山博之選手だ。福山選手は横浜で結果を残すことができず2012年オフに戦力外となり、2013年から東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍し、中継ぎ、セットアッパーとして活躍。2017年は36試合連続無失点を記録するなどチームに大きく貢献している。

育成ドラフトからもブレイクした選手が存在する。福岡ソフトバンクホークスの育成4位指名を受けた千賀滉大選手だ。千賀選手は中継ぎとして活躍後、2016年に先発へ転向12勝をマークし日本代表にも選出。2017年開幕前に行われた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でも好投を見せている。

2011年:楽天に欠かせない存在となった島内選手

2011年ドラフト会議は、読売ジャイアンツ・原辰徳監督と相思相愛と見られていた東海大学の菅野智之選手だ。このドラフトで巨人以外が指名するとは誰も思っていなかった。その中で、北海道日本ハムファイターズが指名。抽選で交渉権を獲得したことがハイライトとなった。

この年も下位指名から2017年現在ブレイクし、チームの中心選手となっている選手が存在する。東北楽天ゴールデンイーグルスから6位で指名された島内宏明選手もそのひとりだ。明治大学から楽天へと入団した島内選手は日本一に輝いた2013年に97試合へ出場。その後も出場試合数を減らしていたが、2016年に117試合へ出場。翌2017年シーズンはレギュラーへ定着。初めての規定打席到達も目前(8月23日現在)となっており、チームに欠かせない存在となった。

また、福岡ソフトバンクホークス5位の嘉弥真新也(かやま しんや)選手も中継ぎとしてブレイク。2016年までの5年間で97試合に登板。2017年は左の中継ぎとしてチームトップの登板数となりそうだ。

おすすめの記事