「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

元祖二刀流でもある関根潤三選手【球史に名を残した偉人達 】

2017 8/25 10:07cut
野球、ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京六大学通算41勝をマーク

東京都出身の関根潤三選手は旧制日大三中(現日大三高)へ進学。同校は後に近鉄パールスの監督を務める藤田省三監督が指導していた。旧制中学時代に甲子園出場はなく、関根選手は法政大学へと進学する。法政大学では旧制日大三中時代入学時と同じく藤田監督が指揮を執っており、関根選手は1年からエースとして抜擢された。

旧制中学時代、法政大学時代とバッテリーを組んでいたのが根本陸夫(元西武ライオンズ編成・管理部長、元福岡ダイエーホークス代表取締役専務、代表取締役社長)選手である。根本選手は「球界の寝業師」と呼ばれるなどフロント実績の方が有名ではあるが、アマチュア時代から活躍していたのである。

関根選手は1年春こそ登板はなかったが、1年秋にリーグ戦初登板。3勝8敗と負け越したものの防御率2.23とリーグ5位。3年秋には9勝1敗、防御率1.44で優勝に大きく貢献。これが、大学時代唯一の優勝となった。

大学4年間で79試合に登板し61完投41勝30敗の成績を残しており、東京六大学野球史上歴代5位の勝ち星となっている。また、1949年秋の133.2回は現在も東京六大学野球記録である。

このように、関根選手は東京六大学野球屈指の好投手として注目を浴びていたのだ。

プロ入り初期から投打で期待を掛けられる

関根選手はプロ野球が二リーグ制となった1950年に近鉄パールスへと入団する。旧制日大三中、法政大学と監督を務め関根選手の恩師ともいえる藤田監督が近鉄の監督へと就任したからだ。関根選手は法政大学から社会人野球の八幡製鐵所へと進路を決めていたが、藤田監督からの要請で近鉄入りとなったのである。

初年度から26試合に登板し148回を投げたものの、4勝12敗、防御率5.47と結果を残すことはできなかった。野手としても関根選手は出番を与えられており、開幕5戦目では5番・一塁でスタメン起用。シーズン終盤には先発ながらも5番打者として起用されることもあった。

藤田監督は学生時代から関根選手の投手、野手としての能力を理解しており「二刀流」として起用したのだ。1950年当時は「二刀流」と表現されていなかったが、投手、野手として活躍していたことは事実として残っている。

2リーグ制初期の二刀流は関根選手だったといえそうだ。

おすすめの記事