「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

選手、監督、GMとして活躍!高田繁氏【球史に名を残した偉人達 】

2017 8/25 10:07cut
野球、グローブ、ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

アマチュア時代からスター街道

2017年現在、横浜DeNAベイスターズのGM(ゼネラルマネージャー)を務める高田繁氏。現役時代は巨人の左翼、三塁として活躍。V9を主力選手として支えていたが、アマチュア時代も目を見張る活躍を見せていた。

高田選手は浪商高校(現大体大浪商)1年夏にエースの尾崎行雄選手らとともに甲子園で優勝。高田選手は1年生で唯一のベンチ入りメンバーとなっており、背番号「14」を背負っていた。2年春、夏ともに甲子園へ出場ができなかった高田選手は東京六大学の明治大学へと進学。1年秋から7季連続でベストナインを獲得し大学通算127安打をマーク。2015年に高山俊(明大→阪神)が破るまで、約50年もの間、六大学記録保持者となっていた。

甲子園優勝、六大学最多安打の実績を持って1967年のドラフト会議に臨んだ高田選手は、巨人から1位指名を受け入団に至る。この年のドラフトでは「マサカリ投法」が代名詞の村田兆治選手が東京オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に指名されており、チームは違えど同期入団となっている。

高田選手はドラフト1位と言うこともあり、大きな期待を掛けられ背番号は一桁の「8」を与えられた。

1年目からレギュラーを獲得し新人王受賞

大洋ホエールズ(現DeNA)との開幕戦はスタメン出場とならなかった高田選手。初めて巡ってきた出番は7回の守備からだった。8回に初打席が回ってくると平松政次選手から安打を放ち、プロ初打席初安打を記録。翌日に行われた試合では1番・中堅でプロ初スタメンを果たすなど順調に試合へと出場していく。

この年は中堅、右翼、左翼と外野全ポジションを守り、主に1番打者としてリードオフマンの役割を果たしている。シーズンを通して120試合に出場。打率.301(346打数104安打)、9本塁打、30打点、23盗塁の成績を残し新人王を受賞した。

リーグ優勝を果たした巨人は日本シリーズへと出場。高田選手は毎試合得点を記録するなどの活躍で新人ながら日本シリーズMVPを獲得。巨人のV4へ大きく貢献した。

2年目のシーズンとなった1969年は打率こそ若干下がったものの、ほぼ1年目と同様の数字(打率.294、12本塁打、46打点、12盗塁)を残し、活躍がフロック(まぐれ)ではないことを証明している。

おすすめの記事