「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

メジャー移籍のパイオニア!野茂英雄選手【球史に名を残した偉人達 】

2017 8/25 10:07cut
野茂英雄
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Ryosuke Yagi

史上最多となる8球団競合のドラフト会議

野茂英雄選手はアマチュア時代に、古田敦也選手(元ヤクルト)らとともにソウルオリンピックへ出場、日本代表の主力投手として銀メダルに貢献した。そして1989年のドラフト会議では一番の目玉として注目を浴びており、何球団が野茂選手に入札を行うのかに興味は集まっていた。

ドラフトに初めてテレビモニターが採用された年でもある。このドラフトで野茂選手へは8球団(近鉄、オリックス、日本ハム、ロッテ、大洋、阪神、ヤクルト、ダイエー)が入札。2016年ドラフト終了時点でも破られていない史上最多の競合数となった。(小池秀郎選手が1990年にタイ記録を達成)

抽選の結果、近鉄が交渉権を獲得。このとき、野茂選手は「フォームをいじらないこと」を入団の条件として球団に伝えており、仰木彬監督はこれを快諾し野茂選手は入団に至っている。野茂選手以外にもこの年のドラフトは多くの名選手が誕生していた。佐々木主浩選手(大洋)、小宮山悟選手(ロッテ)、新庄剛選手(阪神)など後のメジャーリーガーも同期ドラフトだ。

仰木監督が退任後に就任した鈴木啓示監督から、フォームを改造されそうになったことも、後に近鉄を退団するきっかけの一つとなっている。

ルーキーイヤーから圧倒的な存在感

史上最多となる8球団競合の末にプロ入りを果たした野茂選手。1年目からその実力を発揮してくれた。野茂選手は29試合に先発し18勝(8敗)、287奪三振、防御率2.91で最多勝、最高勝率、最多奪三振、最優秀防御率のタイトルを獲得。新人王、MVP、沢村賞も受賞。1年目から圧倒的な存在感を放ち、近鉄のみならずプロ野球界のスタートなった。

「2年目のジンクス」を感じさせることなく2年目も1年目と同様の活躍をみせ17勝(11敗)、287奪三振で最多勝、最多奪三振のタイトルを獲得した。以降4年目の1993年まで4年連続で最多勝、最多奪三振のタイトルを獲得することになる。

5年目のシーズンとなる1994年は野茂選手は故障もあり入団以来、最少の登板数となる17試合に終わり、初めて二ケタ勝利に届かない8勝(7敗)と不本意な成績だった。4年連続で最多勝、最多奪三振のタイトルを獲得していたが、これらの連続記録も途切れてしまった。

おすすめの記事