「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「神様・仏様・稲尾様」こと稲尾和久選手【球史に名を残した偉人達】

2017 8/25 10:07cut
野球、ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ入り1年目の日本シリーズで6連投

稲尾和久選手は1956年、大分県別府緑丘高校から西鉄ライオンズへと入団する。高校時代に甲子園出場もなく全国的には無名だった稲尾選手。しかし、高卒ルーキーでありながら開幕戦の2番手として登板し、大量得点差があったとはいえ、4回無失点の好投でプロデビューを果たしている。

その後、先発、中継ぎとして61試合に登板。21勝6敗、防御率1.06の記録を残し最優秀防御率のタイトルを獲得し、新人王を受賞した。高卒1年目から稲尾選手はエース級の活躍を見せたのだった。西鉄はこの年、リーグ優勝を飾り日本シリーズで巨人と対戦。西鉄・三原脩監督と巨人・水原茂監督は巨人時代からの因縁もあり「巌流島の決戦」と呼ばれマスコミは対決を煽っていた。これは水原監督が戦争から帰還し巨人に戻ってきた際に、三原監督を追い出したことに由来する因縁である。

世間の注目を大きく集めたこの一戦は4勝2敗で西鉄が巨人を下すことになる。そのなかで、稲尾選手は2先発を含む6連投で3勝を挙げる大車輪の活躍を見せ、敢闘賞に選ばれた。

2016年の日本シリーズで今村猛選手、ジャクソン選手(ともに広島)が6連投をして話題になったが、先発を含めての日本シリーズ6連投は1956年の稲尾選手のみである。

※2003年に吉野誠選手(阪神)も中継ぎとして6連投を行っている

2連覇の立役者となった2年目のシーズン

1年目から大活躍を見せ新人王に輝いた稲尾選手。2年目となる翌1957年も「2年目のジンクス」などものともせずにチームの優勝に大きく貢献した。稲尾選手はリーグ最多の68試合に登板し35勝6敗、373.2回を投げ防御率1.37を記録。最多勝、最優秀防御率、最高勝率とタイトルを獲得しMVPも受賞したのだ。

この活躍もあり西鉄は2年連続でリーグ優勝を達成。再び水原監督率いる巨人と日本シリーズで相まみえることになった。このシリーズは西鉄が4勝1分で巨人を倒すことになるが、引き分けを除き全て1点差ゲームだった。稲尾選手は第1戦、第3戦に先発し共に完投勝利。2勝を挙げ前年(1956年)の敢闘賞に続き最優秀投手を受賞している。

2年連続で稲尾選手はシーズン、日本シリーズで活躍し、チーム2連覇の原動力となった。

おすすめの記事