「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

選手・監督で阪神に貢献した岡田彰布氏【球史に名を残した偉人達】

2017 8/25 10:07cut
野球、ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

アマチュア時代から世代のトップ選手へ

岡田彰布選手は大阪府の北陽高校出身で1年時に夏の甲子園選手権大会へ出場し、ベスト8の成績を残している。高校時代に甲子園出場は1度きりだった。岡田選手は高卒でプロ入りはせずに早稲田大学へ進学する。1年秋のリーグ戦からレギュラーとして試合に出場。3年秋にリーグ4人目となる三冠王となっている。また、2年秋から4年秋まで5季連続でベストナインにも輝いている。

リーグ戦以外でも3年、4年時には2年連続で日米大学野球の日本代表にも選ばれ、4番打者としてチームに貢献。当時、1学年下で東海大学の原辰徳選手とクリーンアップも組んでいた。ここから2人の交流は始まり、選手、監督として2人はプロ野球の世界でも戦うことになる。

大学時代から日本代表の4番を務めるなど注目となっていた岡田選手は、1979年のドラフト会議で当時の最多競合数となる6球団(阪神、ヤクルト、西武、南海、阪急、近鉄)が1位で入札。抽選の末、希望の球団でもあった阪神が交渉権を獲得する。岡田選手は無事に入団を果たし、1980年からプロ野球の世界に飛び込んだ。

起用が少ないながらも新人王を獲得

入団1年目となった1980年。阪神の監督はドン・ブレイザー監督である。メジャー流の思考を打ち出していたこともあり、岡田選手は出場機会が限られていた。これは、アメリカでは新人選手が1年目からメジャーリーグでデビューすることはなく、マイナーリーグで数年間の下積みを行う慣習に起因している。しかし、ブレイザー監督は結果が出なかったこともあり、途中、解任となる。

その後、岡田選手の出番は増え108試合に出場し打率.290(376打数109安打)、18本塁打、54打点の成績を残し、新人王を受賞した。この年、岡田選手の打席数は規定打席と同じ403となっている。打撃成績では13位で加藤博一選手の打率.314(379打数119安打)に次ぐチーム2位。新人ながらチームの中心選手として活躍を果たした。また、オールスターゲームにも出場し代打本塁打を放っている。

おすすめの記事