「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代記録は更新不可能!?奪三振にまるわるアレコレ

2017 8/25 10:07cut
野球、ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズン最多記録は高卒2年目の江夏選手

プロ野球においてシーズン「最多奪三振記録」を持っているのは江夏豊選手(元西武他)だ。江夏選手は1966年ドラフト1位で大阪学院高校から阪神に入団。ルーキーイヤーから12勝13敗、230.1回を投げ225奪三振、防御率2.74の成績を残し最多奪三振を獲得している。(当時は表彰無し)
翌1968年には25勝12敗、329回を投げ401奪三振、防御率2.13で最多勝、最多奪三振を獲得。ベストナイン、最優秀投手、沢村賞を受賞した。この401奪三振が50年近く経った2016年シーズン終了時点でも日本記録だ。

歴代2位の記録は稲尾和久選手が1961年に達成した353奪三振となっており、江夏選手とは48個の差が付いている。また、300奪三振を超えたのは1970年の江夏選手が340個を記録したのが最後。46年間300奪三振の壁を超えられないのである。

近年では野茂英雄選手(近鉄他)が1990年、1991年に2年連続で287奪三振を記録。これが最も300奪三振に近づいた瞬間だ。現役選手では2011年にダルビッシュ有選手(日本ハム他)が276奪三振をマーク。日本最終年に自身キャリアハイの奪三振数を達成した。

日本プロ野球では1週間に1度投げる中6日のローテーションが定着しており、1シーズンで投げる試合は28試合程度だ。全試合で二ケタ奪三振を記録しても300奪三振には届かない。江夏選手の401奪三振はもとより、300奪三振も今後は達成がむずかしそうだ。

通算最多奪三振は金田選手が圧倒的数字!

「通算最多奪三振」は4490個の金田正一選手(元巨人他)が保持している。2位の米田哲也選手(元近鉄他)が3380個と1000個以上の差が付いており、その突出度は計り知れない。金田選手の記録には200奪三振を23年間記録し、ようやく追い越すことが可能な数字でもあり、事実上、更新は不可能といえる。

現役選手では、2016年終了時点で杉内俊哉選手(巨人)が2156奪三振で歴代14位。1980年生まれの杉内選手がどこまで記録を伸ばせるかに注目が集まる。

また、メジャーリーグに目を向けると「ライアンエクスプレス」の異名を取ったノーラン・ライアン選手(元レンジャーズ他)が5714奪三振を記録。2位のランディ・ジョンソン選手(元ジャイアンツ他)が4875奪三振と839個差が付いている。日本同様に奪三振記録は突出度が大きい。

日米通算記録ではダルビッシュ選手が2016年終了時点で2062奪三振。メジャーリーグは試合数が多いこと、および中4日のローテーションでまわることを考慮すると3000奪三振は届きそうだ。ダルビッシュ選手の奪三振に注目したい。

おすすめの記事