「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「世界の福本」の独壇場!?盗塁記録アレコレ

2017 8/25 10:07cut
野球、盗塁
このエントリーをはてなブックマークに追加

通算盗塁は「世界の福本」が保持

プロ野球における通算最多盗塁は「世界の福本」こと福本豊選手(元阪急)が保持している1065盗塁だ。2位の広瀬叔功選手(元南海)が596盗塁であることから、福本選手の凄さがよくわかるだろう。

その福本選手は1968年ドラフト7位で松下電器産業から阪急へ入団。翌1969年に一軍デビューを果たすが、わずか38試合の出場で4盗塁に終わっている。その福本選手が盗塁を量産し始めたのが2年目の1970年からだ。

この年、75盗塁で最多盗塁のタイトルを獲得すると1982年まで13年連続でタイトルを獲得。1983年に55盗塁をマークしながら、タイトルは逃し連続記録が途切れている。その1983年には当時の世界記録であったメジャーリーグのルー・ブロック選手(元カージナルス他)の938盗塁を更新し世界記録を誇っていた。福本選手はその後も1065個まで盗塁数を積み上げ、世界最高記録を保持し1988年に現役を引退した。

しかし、1991年にリッキー・ヘンダーソン選手(元ドジャース他)が福本選手の1065盗塁を更新。2003年に引退するまでに1406盗塁まで数字を上乗せした。そのため、福本選手は2016年終了時点で世界2位の記録保持者となっている。 

【歴代最多盗塁】
1:(1065個)福本豊選手(元阪急)
2:(596個)広瀬叔功選手(元南海)
3:(579個)柴田勲選手(元巨人)
4:(479個)木塚忠助選手(元南海)
5:(477個)高橋慶彦選手(元ロッテ他)

シーズン最多記録も福本選手

通算最多盗塁記録を保持している福本選手が、シーズン最多記録も達成している。入団2年目の1970年から盗塁王を獲得している福本選手は、4年目のシーズンとなる1972年にプロ野球史上唯一となる3ケタとなる106盗塁を記録。
また、1973年、1974年に95盗塁、94盗塁をマークしており、シーズン最多記録のトップ3を独占。4位には河野旭輝選手(阪急)が85盗塁で続く。1990年以降では2004年に赤星憲広選手(阪神)が64盗塁をマークしたのが最高となっており、60盗塁の壁も厚い。
福本選手はこのように「足」をウリにしていたこともあり、阪急は1972年に1億円の保険を掛けている。福本選手は足のケガはもとより、体調管理を十分に行い引退まで保険金が支払われることはなかった。

【シーズン最多盗塁】
1:(106個/1972年)福本豊選手(元阪急)
2:(95個/1973年)福本豊選手(元阪急)
3:(94個/1974年)福本豊選手(元阪急)
4:(85個/1956年)河野旭輝選手(元阪急)
5:(78個/1950年)木塚忠助選手(元南海)

おすすめの記事