「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夢の4割打者は生まれる?打率にまつわるアレコレ

2017 8/25 10:07cut
イチロー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Joe Mabel

シーズン最高打率はバース選手

日本プロ野球でシーズン最高打率は、1986年にランディ・バース選手(阪神)が記録した打率.389(453打数176安打)だ。
バース選手は前年に打率.350(497打数174安打)、54本塁打、134打点の成績で三冠王を達成。1986年は他球団から例年以上のマークを浴びていた。そのなかで史上最高打率を達成したのだ。30年以上が経過した今でも(2016年終了時点)この打率は破られていない。
このバース選手の打率に肉薄したのが、イチロー選手(1994年、2000年)だ。当時のシーズン最多安打記録を塗り替えた1994年に、イチロー選手は打率.385(546打数210安打)を記録している。また、メジャーリーグへ移籍する前年にも打率.387(395打数153安打)とあと一歩に迫っていた。しかし、8月下旬に脇腹を負傷し、1カ月以上を残して戦線離脱。夢への挑戦はできなかった。

シーズン右打者最高打率は内川聖一選手

シーズン最高打率、通算最高打率と上位に名を連ねるのは左打者が多い。それは、左打者が右打者に比べて一塁ベースに近いことで内野安打となるケースが増えるからだ。1秒も変わらない世界ではあるが、プロ野球とはその中でしのぎを削っているのである。

その不利とも言える状況の中、右打者でシーズン最高打率をマークしているのは内川聖一選手(ソフトバンク)だ。内川選手がソフトバンクに移籍する前の横浜ベイスターズ時代、2008年に記録した打率.378(500打数189安打)が2016年終了時点で歴代トップとなっている。
この年、初の規定3割を記録した内川選手は7年連続で打率3割を達成。球界を代表する打者へと成長した。その内川選手を指導したのが杉村繁コーチだ。杉村コーチは横浜からヤクルトに移籍後も山田哲人選手(ヤクルト)も指導しており、その指導法には定評がある。

また、右打者における通算打率での歴代1位はブーマー・ウェルズ選手(ダイエー他)の打率.317(4451打数1413安打)だ。内川選手は2016年終了時点で打率.310(6114打数1896安打)となっており記録更新に期待が掛かる。

おすすめの記事