「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

KKから野茂選手まで・1980年代後半のドラフトを振り返る

2017 8/25 10:07cut
野球、ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by joephotostudio/Shutterstock.com

1985年:清原選手の涙

1985年夏の甲子園は清原和博選手、桑田真澄選手の「KKコンビ」を中心選手としたPL学園高校が優勝する。史上最多となる甲子園通算13本塁打を放った清原選手に注目が集まる一方、桑田選手は大学進学を表明しており各球団共に指名リストから外していた。

注目の清原選手には6球団が競合(西武、南海、日本ハム、中日、近鉄、阪神)指名がかかる。しかし、彼が熱望していた巨人からの入札はなかった。大学へ進学を希望していたはずの桑田選手を巨人が指名したからでもある。寝耳に水であった清原選手は涙する。
抽選の末、西武が清原選手の交渉権を獲得した。桑田選手は「指名されるとは思わなかった。清原君に申し訳ない」という趣旨の発言をするが、巨人へ入団することになる。

KKコンビ以外で注目を集めたのが本田技研の伊東昭光選手だ。3球団が競合(ヤクルト、阪急、ロッテ)し、ヤクルトが抽選で当たりくじを引き、入団にこぎ着けている。

中位、下位指名では日本ハム3位で田中幸雄選手、阪急4位で本西厚博選手らが指名されており、チームの主力として活躍を果たした。

1986年:高校生左腕・近藤選手に5球団競合

1985年のドラフトで「KKコンビ」といった高校生が注目を浴びていたが、1986年も注目度ナンバー1は高校生だった。享栄高校の大型左腕・近藤真一選手である。意中の球団は「中日」と表明していた近藤選手に5球団(中日、ヤクルト、日本ハム、阪神、広島)が入札。
中日の星野仙一監督が当たりくじを引き、希望の球団に入団することとなった。近藤選手はプロ初登板となった巨人戦で、史上初のデビュー戦ノーヒットノーランを達成し、鮮烈なデビューを果たしている。2017年現在は中日のコーチとして後進の育成に努めている。

また、1980年代後半から1990年代にかけて「トレンディーエース」として、女性ファンから人気を集めることになる阿波野秀幸選手は、近鉄、大洋、巨人3球団から入札された結果、近鉄へ入団。西崎幸広選手は、近藤選手の抽選を外した日本ハムが獲得した。阿波野選手はのちに近鉄から巨人、大洋(横浜)にも移籍し、結果1位入札された3球団に在籍したことになる。

中位・下位指名では緒方孝市選手(広島3位)、飯田哲也選手(ヤクルト4位)、藤井康雄選手(阪急4位)、緒方耕一選手(巨人6位)らが入団を果たした。

おすすめの記事