「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

トリプルスリーで全国区へ!ソフトバンク・柳田悠岐選手

2017 8/25 10:07cut
野球ボール、グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

アマチュア時代から圧倒的な成績

田中将大選手(ヤンキース)、斎藤佑樹選手(日本ハム)らと同世代となる1988年生まれの柳田悠岐選手。広島県出身の柳田選手は地元の名門・広島商業高校へと進学する。しかし、高校時代に甲子園出場はなく全国的には無名の存在でもあった。斎藤選手、田中選手らが注目を浴びる中でプロ志望届を提出することなく、広島六大学野球連盟に所属する広島経済大学へと進学。

大学時代は1年時からレギュラーへ定着し4度の首位打者、6度のベストナインに輝いている。大学4年間での通算成績は打率.428(276打数118安打)、8本塁打、60打点とリーグでは圧倒的だった。スポーツ紙などではメジャーリーガーのバリー・ボンズ選手になぞらえ「安芸のボンズ」と報道されている。しかし、全国大会では結果を残すことができずに、4試合で打率.154(13打数2安打)、0本塁打、0打点の成績に終わってしまう。

東京六大学野球連盟、東都大学野球連盟に比べるとレベルが低いとされている広島六大学野球連盟ではあるが、圧倒的な成績を残したことで、2010年のドラフト候補として注目を浴びていたことは間違いない。

秋山翔吾選手との二択!ドラフト時の逸話

2010年のドラフトは、すでに、プロ入りを果たし実績を残していた同期の田中選手、前田健太選手(ドジャース)、坂本勇人選手(巨人)ら1988年生まれ同世代の大学卒業組が目玉だった。なかでも、早稲田大学の斎藤選手、大石達也選手、福井優也選手が大きな話題となっており、柳田選手の評価はトップクラスではなかったのが実情だ。

ドラフト前の予想通り斎藤選手は4球団、大石選手は6球団の競合となった1巡目指名。続く2巡目で柳田選手はソフトバンクから指名を受けることになる。このとき、ソフトバンクは八戸学院大学の秋山翔吾選手(現西武)を指名する予定だった。
しかし、指名直前に王貞治会長が「このなかで一番、誰が飛ばすんだ」とスカウト陣に質問。スカウトが「柳田です」と答えたことから指名に繋がったという逸話もある。

秋山選手も2015年シーズンにシーズン最多安打記録となる216安打を放ち、日本代表としても活躍。柳田選手同様に素晴らしい選手だ。この2人を見抜いていたソフトバンク・スカウト陣の眼力が強さの要因の一つかもしれない。

おすすめの記事