「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ハムを支える大エースを目指す有原航平選手

2017 8/25 10:07cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

歳内選手との死闘を繰り広げた広陵高校時代

有原航平選手は、広島県出身で地元の名門高校でもある広陵高校へ進学。2年秋からエースとしてチームを引っ張っていた。その有原選手にとって初めての甲子園出場は3年春のセンバツである。エースナンバー「1」を背負って甲子園に出場した有原選手は、初戦の立命館宇治高校戦、2回戦の宮崎工業戦と連続完投勝利。準々決勝こそ9回途中でマウンドを降りたものの、8.1回無失点と先発投手として十二分の活躍を果たした。

準決勝では高山俊選手(現阪神)、横尾俊建選手(現日本ハム)、山崎福也選手(現オリックス)擁する日大三高との対戦となる。8回表の時点で5-4と1点リードしていたのだがその裏に8失点を喫し大敗する。初めての甲子園はベスト4に終わっている。

その年、夏の甲子園にも出場を果たした有原選手。初戦の相手はエース・歳内宏明選手(現阪神)がチームを引っ張る聖光学院高校だった。有原選手と歳内選手の息詰まる投手戦は6回まで両チーム点を奪うことができず、スコアボードに「0」が並ぶ。白熱した投手戦の均衡が破れたのは7回裏だった。この回、有原選手は自身の暴投により1点を失い、これが決勝点となってしまったのだ。有原選手最後の夏は暴投による失点で幕を閉じてしまう。

この一戦は、息詰まる投手戦として名勝負に数えられることもある一戦だ。その後、プロ志望届は提出せずに大学進学を表明。大学野球の道へ進むこととなった。

日本代表から選考漏れとなった早稲田大学時代

広陵高校から直接プロ入りはせずに東京六大学の名門・早稲田大学へと進学した有原選手。1年春からリーグ戦に10試合の登板を果たすなど、期待を掛けられていた。
2年秋から先発として起用されるようになり、4勝1敗、48.1回を投げ防御率2.23と、初めて規定投球回に到達。3年時は春・秋ともに3勝ずつを挙げる活躍を見せる。特に秋は8試合で3勝1敗と勝ち星は伸びなかったものの、防御率は0.72でリーグ1位となった。

最終学年となった2014年は春に5勝1敗、防御率1.38の成績でベストナインに選ばれる。優勝に導くことはできなかったものの、ドラフト前の大きなアピールとなった。春のリーグ戦後に大学日本代表候補へ選ばれたものの、最終メンバーに選ばれることはなく、落選となった。のちに、プロで二ケタ勝利を達成することになる有原選手でも、この年の日本代表に加わることはできなかったのである。

最後の秋はヒジの故障もあり、わずか4試合の登板で1勝1敗と、有終の美を飾ることはできなかった。しかし、大学生活4年間で通算19勝12敗、271回を投げ防御率2.72の立派な成績を残している。

大学1年時からプロ注目の右腕として期待されており、満を持し、4年時にプロ志望届を提出。2014年のドラフト会議ではDeNA、阪神、広島、日本ハムと4球団から1位指名を受け、抽選の末に日本ハムが交渉権を獲得。交渉の末にプロ入りを果たした。

おすすめの記事