「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

WBCでの併殺斬りで一躍有名人へ!岡田俊哉選手

2017 8/25 10:07cut
野球ボール、グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

智弁和歌山高校では4度の甲子園出場

和歌山県出身の岡田俊哉選手。高校は地元の強豪校である智弁和歌山高校へと進学した。1年時からベンチ入りを勝ち取った岡田選手は1年夏、2年春夏、3年夏と4度の甲子園に出場を果たしている。

唯一、1年生のベンチ入りとなった2007年夏の甲子園。初戦の仙台育英高校戦で先発を任されるも4回途中2失点と試合を作れず降板し敗退。仙台育英高校・佐藤由規(現由規/ヤクルト)選手との投げ合いに敗れてしまった。2年春は3試合に先発。準々決勝の東洋大姫路高校戦で完投するも2失点で敗戦となってしまう。

2年夏の選手権では2試合連続完投勝利を収めるなど活躍するも、再び準々決勝で敗れベスト8に終わっている。3年春のセンバツには出場がならなかったが、夏の選手権では全3試合を1人で投げきっている。3回戦で敗退となったが、スライダーのキレが抜群ということでプロからも注目を浴びていた。

岡田選手はプロ志望届を提出し、ドラフト会議を待つことになる。

プロ入りから下積みの3年間

2009年ドラフト会議。目玉は岡田選手と同じく「高校生左腕」の花巻東高校・菊池雄星選手だった。菊池選手には西武、阪神、ヤクルト、楽天、中日、日本ハムの6球団が1巡目で入札。抽選の末に西武が交渉権を獲得。岡田選手は名前を呼ばれることはなかった。

しかし、菊池選手の抽選を外した中日ドラゴンズが、外れ1位で岡田選手を指名し交渉権を獲得。ドラフト1位指名選手としてプロ入りを果たしている。この年のドラフトで1位指名を受けた高校生は菊池選手、岡田選手以外にも明豊高校の今宮健太選手(ソフトバンク)、横浜高校の筒香嘉智選手(DeNA)、清峰高校の今村猛選手(広島)らがおり、2017年現在で所属チームの主力級として活躍している選手が多数輩出された。

ドラフト1位でプロ入りを果たした岡田選手ではあるが、高卒ということもあり二軍で身体作りから始めることとなった。1年目の2010年シーズンは二軍で12試合に登板し、14.2回を投げ防御率8.59と結果を残すことができなかった。その後、3年目の2012年には22試合に登板し0勝3敗ながら、19.1回を投げ防御率1.86と好成績を残している。その間、一軍での登板はなかったが、この活躍が認められ2013年に初の一軍登板を果たす。

おすすめの記事