「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

投手から野手へ転向し優勝の立役者となった雄平選手

2017 8/25 10:07cut
野手
このエントリーをはてなブックマークに追加

東北高校時代はダルビッシュ選手とチームメート

高井雄平選手(現雄平)は神奈川県出身ながら高校野球の名門・東北高校(宮城県)に入学する。高校時代の高井選手は、下級生の時からエースナンバー「1」を背負っていたほどの逸材として期待されていた。2年の時の春のセンバツにおいて初めて甲子園に出場。
初戦で関西創価高校と対戦し、完投したものの8失点を被ってしまう。自陣の味方打線は、相手方エース、当時高校生の野間口貴彦選手(元巨人)に封じ込められ、1-8と完敗を喫してしまう。夏の甲子園においては、3年春夏ともに出場できず、高井選手が甲子園に出場できたのは2年の時のこの1回のみとなっている。

また高井選手が3年の時に入学してきたのが、ダルビッシュ有選手(現レンジャーズ)だった。寮で二人は同部屋でもあり、厳しい子弟関係もなかったため、ダルビッシュ選手は「高井くん」と呼んでいたほどだ。

高井選手はプロ入り後に「ダルビッシュが挨拶に来たとき『高井さん』って呼んでくれたので成長したなって思いました」と笑顔で語っている。

コントロールが悪く結果を残せず

東北高校でエースであった高井選手は、高校生ナンバーワン左腕として2002年のドラフト会議でも注目されていた。近鉄、ヤクルトの2球団競合で1位指名でとなり、抽選の末にヤクルトが交渉権を獲得し入団に至っている。近鉄は高井選手を抽選で外した後に外れ1位で指名したのが、坂口智隆選手であった。その後、坂口選手と高井選手は2016年シーズンから、ヤクルトでチームメートとなっている。

ドラフト1位で入団を果たした高井選手は、1年目から27試合(うち17先発)に登板。5勝6敗、102回を投げ防御率5.03の成績を残す。高卒1年目としては及第点の成績ではあったが、リーグ最多となる12暴投など「制球難」があり、安定した投球を見せることはできなかった。打撃面では好調で投手としては申し分ない打率.200(30打数6安打)を記録し、二塁打も2本放っていた。

2年目以降も先発として起用されている高井選手だったが、勝ち星を挙げるものの与四球や暴投も多く、防御率も4点台を下回ることができなかった。2006年、2007年は中継ぎとして起用されるも結果は残せず、出番は減少してしまう。2008年、2009年はわずか1試合の出場にとどまるなど、崖っぷちに立たされていた。

おすすめの記事