「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

横浜DeNAベイスターズ宮崎敏郎は天才!?そのバッティングに迫る

2017 8/25 10:07Mimu
バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

前半戦を打率トップでターン

2017年シーズン、首位打者争いに彗星のごとく現れた宮﨑敏郎選手。前半戦までの成績は打率.351(248-87) 7本塁打 36打点。読売ジャイアンツの坂本勇人選手らとハイレベルな首位打者争いを繰り広げ、オールスターにも選出された。2016年シーズンも規定打席不足ながら素晴らしい成績を残しており、打率トップに躍り出た際も、DeNAファンからすれば「とうとう出てきたな」という印象だ。

172cmと小柄ながらもがっちりとした体型をしており、一見すれば長距離砲のようにも見える。しかし、実際はかなりの巧打者であり、洗練された技術を持っている選手だ。2017年でプロ5年目にもかかわらず、ベテラン選手のような熟練した技を持っている。

抜群のバットコントロール!右にも左にも満遍なく打てる

宮﨑選手の最大の特徴は、やはり抜群のバットコントロールだろう。特に内角打ちは絶品の一言。腕をしっかりとたたみ、体を回転させて上手く裁くことができる。まるで落合博光氏を彷彿とさせるような内角打ちだ。6月15日のロッテ戦では、唐川侑己選手の内角高めの変化球を上手く裁き、満塁ホームランも放っている。

それでいて流し打ちの技術も高く、ライト方向へきれいなヒットを放つこともできる。前半戦終了時点での安打方向を見てみると、レフト方向に25本、センター方向に32本、ライト方向に30本と、本当にきれいに打ち分けていることがわかる。球種によっても苦手が無く、ストレートも変化球もしっかりととらえている。本当に見事なバットコントロールだ。

おすすめの記事