「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球の基本?インパクトの残るストレートを投げたのは誰?

2017 8/3 12:53cut
チャップマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Keith Allison from Hanover, MD, USA

投球の中心となるストレート。 変化球投手でも、組み立ての軸としてストレートを選択することから、投手にとって生命線ともいえる球種だ。 そんなストレートについて、さまざまな形でインパクトを残した選手を紹介する。

最速のストレートの投じるのは誰?

投手が投げる球種の中で最も速い球速を生み出すことができるストレート。メジャーリーグではストレートとは呼ばれずにフォーシームと呼ばれる。それはストレート(フォーシーム)を投じるとボールが1回転する間に縫い目が4回通過するからだ。
日本のプロ野球では150キロを超えるとストレートが速いと言われており、最速は北海道日本ハムファイターズに所属する大谷翔平選手の165キロになる。メジャーリーグではニューヨーク・ヤンキースに所属するアロルディス・チャップマン選手が169.1キロを記録しており、人類最速だ。

日本最速のストレート!大谷翔平選手

日本プロ野球界だけでなくメジャーリーグでも話題となる北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手。「二刀流」として注目される大谷選手ではあるが「投手大谷」の魅力は165キロのストレートだろう。日本球界最速のストレートが投げ込まれた瞬間、相手ベンチ、観客、テレビの前で見ていたファンが声を出す衝撃に包まれた。
残念ながら第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は負傷もあり出場辞退となってしまったが、世界の舞台に飛び立つ日に期待だ。

おすすめの記事