「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【徹底解説】中学硬式野球日本一を決めるジャイアンツカップとは?

2017 8/3 12:53cut
中学,野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira / Shutterstock.com

中学野球日本一を決める大会として定着しているジャイアンツカップ。毎年8月に行われており中学球児の目標でもある。今回はそんなジャイアンツカップについて紹介する。

ジャイアンツカップとは?

ジャイアンツカップは実質的に中学硬式野球の日本一を決める大会となっておりリトルシニア、ボーイズリーグ、ポニーリーグ、ヤングリーグ、フレッシュリーグと5つの団体が加盟している。これらのリーグは通常、各連盟内での全国大会を行っているが、その垣根を越えて争われる大会なのだ。
現在は全国を10の地域に分け地方予選を行い勝ち上がってきた32チームが本大会で顔を合わせることになる。また、準決勝、決勝は東京ドームで試合が行われるために中学生にとって1つのモチベーションとなっている大会なのだ。

ジャイアンツカップの歴史とは?

ジャイアンツカップは1994年に読売ジャイアンツが60周年記念として中学生のための大会として「全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ」として開催する。当初は読売ジャイアンツが創設60周年を記念した大会だったのだ。
当初は日本野球連盟公認の大会ではなかった。日本野球連盟の公認大会となったのは2007年からで、その2007年を第1回大会として現在は数えられている。そのために2016年のジャイアンツカップは第10回大会となっている。

おすすめの記事