「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京都出身で、実力、人気とも超一流の現役プロ野球選手を紹介

2017 8/3 12:53TANANA
東京都
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

東京都出身のプロ野球選手は数多存在するが、今回はその中でも、高校時代に活躍して一躍その名をあげ、プロに入団してからも注目度が高かったり、活躍ぶりが顕著な選手を紹介していく。 本記事に登場する彼らを頭の片隅に入れておくだけでも、プロ野球をより一層楽しめることだろう。

4人の東京都出身プロ野球選手を簡単に紹介

まずは今回取り上げる4人の選手を紹介する。
俊足巧打がウリで、高校時代から抜群の知名度を誇る、東北楽天イーグルスのオコエ瑠偉選手。
1年目からチームの勝ちパターンで登板して大車輪の活躍、右変則下手投げの独特なフォームが特徴の、東京ヤクルトスワローズの秋吉亮投手。
2016年、チームの25年ぶりのリーグ優勝に貢献。ホームランを量産するなど急成長し、神がかった活躍を見せた広島東洋カープの鈴木誠也選手。
内外野どこでも守れるユーティリティープレーヤーであり、打撃もスイッチヒッターとして鋭い打球を飛ばす、北海道日本ハムファイターズの杉谷拳士選手。
以上4人を1人ずつ、プレーヤーとしての個性とともに紹介していく。

日本プロ野球界に巻き起こるハーフ旋風!オコエ瑠偉選手

東村山市出身のオコエ瑠偉選手は、ナイジェリア人の父と日本人の母を持つハーフだ。小さい頃から足の速さなど身体能力の高さは折り紙付きだった。野球は小学校時代から始め、6年生時には捕手として優勝経験もある。そして甲子園準優勝などの実績がある名門関東第一高校に入学後も活躍。3年時の夏の甲子園に1番中堅でレギュラー出場して俊足巧打で活躍、チームのベスト4進出に貢献した。
そして2015年のドラフト1位で楽天に入団する。2016年シーズンは開幕一軍入りし、開幕戦でいきなり盗塁を決めたが、プロの壁にぶち当たり、その後は51試合の出場にとどまる。2017年もケガで出遅れたが、今後の復帰が待たれる。

おすすめの記事