「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

千葉県出身の地元愛に溢れた現役プロ野球選手を紹介

2017 8/3 12:53TANANA
千葉県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

千葉県には千葉ロッテマリーンズというパリーグ球団があり、ファンの人たちによる熱い応援が有名となっている。 同球団には千葉県出身の選手も多く、地元での貢献活動も見逃せない。今回はそんな2選手を紹介していく。

マリーンズの大ベテランは地元でも超有名!

まず最初に紹介するのは、習志野市出身の福浦和也選手だ。2017年で実働24年目を迎える大ベテラン。高校時代まで習志野市の学校に通い、野球部で着実に力をつけ、1993年のドラフト7位で千葉ロッテマリーンズに入団した。
学生時代は投手として活躍していたが、入団直後に打撃のセンスを買われて内野手に転向。振り子打法を会得し、4年目に一軍デビューを果たす。当初は外野を守ることも多かったものの、2000年代から一塁手のレギュラーとして定着するようになる。

首位打者獲得などの栄光の実績と見逃せない地元への貢献

レギュラーに定着してからは不動の3番バッターとしてヒットを量産、2001年には.346で首位打者を獲得して、ロッテにこの人ありを印象付けた。2008年頃からは相次ぐケガに悩まされ、試合出場もままならなくなったものの、指名打者や代打での出場で勝負強いところを見せている。
福浦選手は、少年時代を習志野市で過ごし、野球を通して自分を成長させてくれた思いが強いことから、地元に貢献したいという意識が非常に強い。自らの背番号をとったボランティア団体「クラブナイン」において、地元野球クラブの子どもたちに手取り足取り指導したり、「KAZUYA PROJECT」と題して地元の児童福祉施設や児童養護施設の子供たちをKAZUYAシートという球場の専用座席に招待したりしている。

おすすめの記事