「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

社会貢献も忘れない、埼玉県出身の将来有望な現役プロ野球選手を紹介

2017 8/3 12:53TANANA
埼玉県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

埼玉県には、甲子園でも上位に進出する実力を持つ強豪高校がたくさん存在する。 今回は、埼玉県出身でそのような高校の野球部に所属して着実に成長を重ね、プロにおいても今後の活躍が大いに期待される2選手を紹介していく。

埼玉で野球人生を送る豊田拓矢投手

八潮市出身の豊田拓矢投手は、小学生の頃より野球を始め、中学生の時には地元のシニアチームに所属、この頃より徐々に頭角を現し始める。そして高校は甲子園で優勝経験もある名門であり、彼の地元でもある埼玉県の浦和学院高校野球部に入部した。チームは予選を勝ち抜き、自身も甲子園に出場した経験があるが、2回3分の2を投げ無失点という記録を残すのみだった。
彼が大きく成長するのは上武大学に進学して以降だ。4年生の時に関甲新学生野球の春季リーグで5勝を挙げて最多勝を獲得、社会人のTDKに進んでも都市対抗野球で活躍した。そして2013年のドラフト3位で、地元球団の埼玉西武ライオンズに入団するのだ。

プロ入り後の活躍と地元における貢献活動

ルーキーイヤーの2014年は開幕1軍を勝ち取った。主に中継ぎで登板し、150キロの速球を武器に敗戦処理だけでなくチームが勝っている場面でも登板、結局この年は34試合に登板して2勝2敗2ホールドの成績を残した。それ以降は右肩のケガに悩まされ、登板数も激減したが、2016年にはそれも完治し、今後のさらなる活躍が期待されている。
そんな豊田投手だが、チームを通しての社会貢献活動も積極的に行っている。2016年12月には、県内の少年野球チームを集めて野球教室を開催。基本的な動き方を徹底的に指導した。イベントの最後には記念撮影やサイン入りグッズのプレゼント大会を行い、少年たちと交流を深めている。

おすすめの記事