「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球少年・少女のあこがれの的!群馬県出身の現役プロ野球選手を紹介

2017 8/3 12:53TANANA
群馬県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

群馬県は、1900年代初頭に本場アメリカの野球に感銘を受けて日本にプロ野球を誕生、普及させようと尽力した故鈴木惣太郎氏を輩出。 その信念は後輩たちに脈々と受け継がれている。 今回は現役の中でも活躍が顕著なプロ野球選手を紹介する。

打てる捕手として大活躍!岡島豪郎選手の球歴とは

まず最初に紹介するのは、邑楽郡千代田町出身の岡島豪郎選手だ。関東学園大学附属高校に所属していた彼は、低学年の頃から正捕手を務め、チームの要として活躍した。残念ながら甲子園出場はならなかったものの、地道な練習で着実に地力をアップさせていく。
白鴎大学に進学するとその才能を開花させ、2年時には外野手、3年時には正捕手として活躍、リーグ戦で首位打者を獲得したりベストナインに選出されるなど、プロ注目の逸材として急成長した。そして2011年のドラフト4位で東北楽天ゴールデンイーグルスに入団するのだ。

プロ入り後の活躍と地元での社会貢献活動を紹介

ルーキーイヤーとなる2012年から、正捕手だった嶋基宏選手の負傷もあり、一軍に捕手として出場。投手陣を支える存在になるとともに、打撃でもプロ初本塁打やサヨナラタイムリーを放つなど活躍した。2014年からは打撃力を買われ外野手に転向。同年142試合に出場して打率.283の成績を残すなど、楽天の主力選手としてなくてはならない存在となっているのだ。
そんな岡島選手だが、地元群馬県において積極的に社会貢献活動を行っている。2016年12月には、地元の少年野球団19チーム約220人という大所帯を前にして、群馬県出身のプロ野球選手たちが野球教室を開催。岡島選手も子どもたちに混じって打撃と守備の基本的動作などを熱心に指導した。

おすすめの記事