「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

一流選手も輩出!茨城県出身の現役プロ野球選手を紹介

2017 8/3 12:53TANANA
茨城県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

シーズン20勝を挙げるなど阪神タイガースのエースとして大活躍した井川慶氏、読売ジャイアンツ不動の2塁手だった仁志敏久氏など、茨城県はプロ野球を沸かせるスター選手を多く輩出してきた。 今回は現役の中でも、将来性豊かな2選手を紹介していく。

高校生時代から注目度抜群!塚原頌平投手

茨城県結城市出身の塚原頌平投手は、つくば秀英高校2年時にその才能を開花させる。最速146キロを記録した剛速球を武器に、バッターを力でねじ伏せる投球術を身に付けたのだ。甲子園出場こそ叶わなかったものの、2年生の秋以降、58回を投げて60個の三振を奪い、「茨城のドクターK」という愛称をつけられた。そして2010年のドラフト4位でオリックス・バファローズに入団する。
1年目は2軍のウエスタンリーグで徹底的に鍛え上げられ、2年目に1軍デビューを果たした。春先から1軍に帯同し、4月に救援投手としてデビューする。この年は先発3試合を含む16試合に登板、1勝1敗2ホールドの成績を残したが、シーズン途中で右肘の故障が判明。手術に踏み切り、以降2年間を棒に振ってしまう。

復帰後の驚くべき活躍と、積極的に行っている社会貢献活動

2015年、ようやく体調が整い久々に1軍に復帰登板を果たした塚原投手は、それまでのケガがウソだったかのように大車輪の活躍を見せる。中継ぎ専門投手として41試合に登板、チーム2位の13ホールドを記録した。翌年もさらに登板機会が増え、セットアッパーとして54試合に登板、オリックス投手陣の貴重な戦力として活躍しているのだ。
そんな塚原投手だが、地元への感謝の気持ちも忘れていない。2016年には他のプロ野球選手とともに、地元の茨城県でチャリティー野球教室を開催。投手としての基本的動作を子どもたちに懇切丁寧に指導し、自らの体験談も交えて野球のイロハを教え込んだ。

おすすめの記事