「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

長年一流選手を輩出するエリア!福島県出身の現役プロ野球選手を紹介

2017 8/3 12:53TANANA
福島県
このエントリーをはてなブックマークに追加

パンチ力のある打撃が魅力の園部聡選手

いわき市出身の園部聡選手は、小学校時代に始めたソフトボールがきっかけで中学時代に本格的に野球への道を進み始めた。地元福島県の聖光学院高校に進学後は1年時から4番を務め、甲子園には春夏合わせて4回出場、打数は少ないものの5割近い成績を残した。そして2013年のドラフト会議においてオリックスバファローズから3位指名を受けプロの世界に飛び込む。
2014年のルーキーイヤーは主に二軍のウエスタンリーグで活躍、5本塁打を放ったものの、シーズンオフに持病のあった右肘を手術。球団からいったん戦力外通告を受けるが、すぐに育成選手契約をして再出発となる。そして2016年7月に支配下選手登録され、ようやく一軍初出場を果たすと、千葉ロッテマリーンズ戦で早速2安打1打点と活躍。16試合の出場で本塁打も1本放つなど、今後の成長が期待されている。

高校時代からスカウト注目の的!赤間謙投手

双葉郡楢葉町出身の赤間謙投手は、中学校時代に所属したリトルシニアにおいて日本選手権大会に出場するなど、充実の少年時代を過ごした。そして東海大学附属山形高校に進学すると、3年生の時にエースとして活躍、地区大会においてノーヒットノーランを達成するなど、早くもプロのスカウトからの注目度が高い存在だった。甲子園出場はならなかったものの、進学した東海大学、社会人野球で堅実な投球を見せ、2015年のドラフト9位でオリックスバファローズに入団する。
プロ1年目は、序盤こそ四死球により自ら崩れる場面が目立ったものの、一時二軍落ちして再登録された6月以降は10試合連続無失点投球を続けるなど、チームの中継ぎ陣の一角として安定した働きを見せ、結局24試合に登板した。今後は先発も含め、幅広い活躍が期待されている。

まとめ

以上紹介してきた3人の選手は、まだまだプロ野球において大きな実績を残したとは言えない。 しかし、これまで培ってきた豊富な経験をもとに大活躍して、近い将来「福島県の星」として紹介される日が来るかもしれない。 彼らの今後の活躍から目が離せない。

おすすめの記事