「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

宮城県出身の現役プロ野球選手はどんな選手がいるの?

2017 8/3 12:53WALKINGMAN
宮城県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

2017年のプロ野球が開幕した。ファンの球団や好きな選手の日々の活躍の状況が気になる所だ。 特に地元出身の選手だと応援したくなるのではないだろうか。そこで今回は、宮城県出身の選手に注目してみた。 宮城県出身の現役プロ野球選手の一覧と主に活躍している選手を紹介する。 ※記事内の年齢は2017年4月時点。

宮城県出身の現役プロ野球選手(2017年度版)を紹介

宮城県出身の現役プロ野球選手を五十音順に並べてみた。
阿部俊人選手(東北楽天ゴールデンイーグルス・内野手)宮城県仙台市
伊藤祐介選手(福岡ソフトバンクホークス・投手)宮城県仙台市
岸孝之選手(東北楽天ゴールデンイーグルス・投手)宮城県仙台市太白区
今野龍太選手(東北楽天ゴールデンイーグルス・投手)宮城県大崎市
由規選手(佐藤由規選手)(東京ヤクルトスワローズ・投手)宮城県仙台市青葉区
橋本到選手(読売ジャイアンツ・外野手)宮城県仙台市(生まれは秋田県秋田市)
宮城県出身の現役プロ野球選手は、6名いた。宮城県を本拠地としている楽天に所属選手が多い印象だ。

故郷仙台に恩返しを FA宣言で楽天へ移籍 岸孝之選手

岸選手は、宮城県仙台市太白区出身、1984年12月4日生まれ(32歳)のピッチャー。東北楽天ゴールデンイーグルスに在籍している。
宮城県名取北高等学校、東北学院大学へ進学と地元の学校で活躍し、特に大学時代には、23勝11敗を挙げ注目された。2006年のドラフト会議で希望入団枠で西武へ入団。2014年には、13勝4敗、勝率.765で最高勝率のタイトルを受賞した。
長年西武のエースとして活躍したが、地元仙台への恩返しを考え、FA宣言にて楽天へ移籍。2017年4月9日のロッテ戦で6回1失点で移籍後初勝利を挙げている。
戦績は、4年間で226登板 103勝65敗1セーブ 防御率3.05 奪三振1243を記録している。

おすすめの記事