「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

現役プロ野球選手で秋田県出身の選手を紹介!

2017 8/3 12:53WALKINGMAN
秋田県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

2017年のプロ野球が開幕した。ファンの球団や好きな選手の日々の活躍の状況が気になる所だ。 特に地元出身の選手だと応援したくなるのではないだろうか。そこで今回は、秋田県出身の選手に注目してみた。 秋田県出身の現役プロ野球選手の一覧と主に活躍している選手を紹介する。 ※記事内の年齢は2017年4月時点。

秋田県出身の現役プロ野球選手(2017年度版)を紹介

秋田県出身の現役プロ野球選手を五十音順に並べてみた。
石川雅規選手(東京ヤクルトスワローズ・投手)秋田県秋田市
石山泰稚選手(東京ヤクルトスワローズ・投手)秋田県秋田市
進藤拓也選手(横浜DeNAベイスターズ・投手)秋田県大仙市
攝津正選手(福岡ソフトバンクホークス・投手)秋田県秋田市
成田翔(千葉ロッテマリーンズ・投手)秋田県秋田市
秋田県出身の選手は、セリーグ3名、パリーグ2名の計5名で全員投手だった。

復活が期待される2012年沢村賞投手 攝津正選手

攝津選手は、秋田県秋田市出身、1982年6月1日生まれ(34歳)でポジションはピッチャー。福岡ソフトバンクホークスに所属している。
秋田経済法科大学附属高校へ進学し、高校卒業後はJR東日本へ入社し、チームのエースとして活躍。2008年にソフトバンクからドラフト5位で指名を受け入団した。
攝津投手の特徴は、速球にシンカー、スライダー、カーブの変化球で緩急をつけ、低めにボールを集められる制球力が高い所だ。入団当初は、中継ぎで活躍したが2011年から先発へ転向し、2012年には防御率1.91、17勝で沢村賞に輝いた。2016年は不調に終わったが、2017年の復活が期待される。
戦績は、8年間で268登板 77勝43敗1セーブ72ホールド 防御率2.83 奪三振838を記録している。

おすすめの記事