「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

穴吹義雄監督が率いた南海はどうだった?【球史に名を残した偉人達】

2017 8/3 12:07cut
野球ボールとグローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

入団前から大フィーバー

穴吹義雄選手は東都大学野球連盟の中央大学時代に、2度の首位打者を獲得している。1955年当時、東都大学野球記録となる111安打を記録し、プロ野球の各球団から注目を浴びていた。1965年にドラフト制度が確立されるまでは、選手獲得に関して各球団の自由競争となっていたため、穴吹選手も各球団による争奪戦が繰り広げられることになる。

穴吹選手は、複数の球団の中から南海ホークスを選択し、1956年に入団を果たす。この争奪戦は裏で大金が動いたとされており、「あなた買います」という名の小説のモデルになり、のちに映画にもなったほどだった。

プロ入りを果たした穴吹選手は、ルーキーイヤーの開幕戦で史上初となる「新人選手による開幕戦サヨナラ本塁打」を記録。大物新人の名に恥じないデビューを果たす。しかし、穴吹選手の大きな話題は開幕戦以降になく1年目は低調な成績に終わっている。

その後、13年間の現役生活でタイトルの獲得はなく、1166試合で打率.264(3079打数814安打)、89本塁打、404打点の成績を残し、1969年シーズンをもって引退している。

映画化もされたほどの選手ではあったが、大きな実績を残すことはなかった。しかし引退後に穴吹選手は、コーチ、監督としてチームを支えることになる。

引退翌年から打撃コーチへ就任

1969年に現役を引退した穴吹選手は、翌1970年から現役時代と同じく南海の一軍打撃コーチに就任する。1969年は打率.241、85本塁打、380打点だったチーム打撃成績が1970年には打率.255、147本塁打、566打点と大きく上昇させ、穴吹コーチは就任一年目からチーム打率を上げるなどの結果を残した。

1973年からは二軍監督へ就任すると1975年にウエスタンリーグを制覇。これは1962年以来13年ぶりのことだった。その後も1980年、1981年と連覇を達成し、若手選手を育成し一軍に選手を供給している。1977年には野村克也選手兼任監督がシーズン途中に解任されると、代理監督として2試合のみ一軍で指揮を執っている。(1勝1敗)

1982年にブレイザー監督が成績不振の責任を取り退任すると、翌1983年から満を持して一軍監督に就任する。現役を引退してから13年目のことだった。

おすすめの記事