「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

開幕戦で新人初の快挙達成・穴吹義雄選手【球史に名を残した偉人達】

2017 8/3 12:07cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出番の減った晩年から引退後

1961年に120試合出場したのを最後に穴吹選手は出番を減らしていく。1962年こそ292打席を与えられたものの、1963年以降は150打席を超えることはなかった。現役を引退する1968年は18試合の出場に終わり打率.240(25打数6安打)、2本塁打、6打点の成績に終わっている。

その騒動が映画にもなり、鳴り物入りで入団した穴吹選手は、結局大きな成果を残すことなく現役引退となった。思えば、デビュー戦のサヨナラ本塁打がピークだったのかもしれない。

現役引退後の翌1969年から南海の打撃コーチに就任するとその後、二軍監督として若手を育成。1983年には一軍の監督に就任するなど球団からの信頼は厚かった。3年間の監督生活で優勝を果たすことはできずに1985年に退任する。

その後は解説者として活躍し、1991年から2年間に渡り南海の後継球団でもある、福岡ダイエーホークスの編成部長も務めている。編成部長を退いたのちには野球評論家として再び解説などを行っていた。

現在はドラフト制度が確立され裏金に関する協定も確立されており、穴吹選手の時代のように入団に際して、もはや大金が動くことはないだろう。1950年代のプロ野球における常識を、過去の名選手を振り返ることで知っていくのも、また面白い。

おすすめの記事