「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

監督としての村山実氏はどうだった?【球史に名を残した偉人達】

2017 8/3 12:07cut
野球ボールとグローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミスタータイガースとしてエースを務めた現役時代

「ミスタータイガース」として親しまれた村山実選手。1959年に関西大学から大阪タイガース(現阪神タイガース)へと入団する。初年度から54試合に登板、18勝をマークし、防御率1.19で最優秀防御率のタイトルを獲得。沢村賞を受賞した。また、プロ野球史上唯一となっている「天覧試合」で、長嶋茂雄選手(巨人)にサヨナラ本塁打を浴びたことでも後世に名前が残っている。
1965年、1966年には2年連続で最多勝、沢村賞を獲得するなどチームの柱として活躍する。通算3度の沢村賞は、2016年終了時点で、最多タイとなっている。1970年には防御率0.98と最後の1点台未満を記録するなど、阪神一筋14年間で509試合に登板し、222勝147敗、防御率2.09の数字を残し、阪神を代表する大投手でもあった。この222勝は2016年終了時点で阪神史上歴代2位の記録にもなっている。(1位は若林忠志選手の237勝)

知られていない兼任監督時代

選手時代に多くのタイトルを獲得し、不滅の記録を残した印象が強い村山選手。しかし、晩年に選手兼任監督として、チームの指揮を執っていたことはあまり知られていない。
1969年に投手コーチ兼任としてプレーした村山選手は、1970年に後藤次男監督の後を継ぎ、監督へ就任。選手としては14勝3敗、防御率0.98をマークしながら、監督としてチームを2位(77勝49敗4分)に導いている。この当時は巨人がV9を達成するなど、圧倒的な強さを誇っていた。そのなかで、選手、監督を二足の草鞋を履いて立ち向かっていたのだ。この姿に巨人の川上哲治監督は感嘆した。
されど、1971年は選手としての成績も低調、監督としても5位(57勝64敗9分)と結果を残せなかった。そこで、1972年は4月半ばに監督を金田正泰監督代行を任せ自身は再び選手に専念する。しかしそれでも、22試合の登板で4勝6敗、防御率3.61と結果を残すことができず、遂に引退を決意する。引退試合での「涙でサインが見えへんからフォークボールや」のセリフは語り継がれている。
その後は、現場を離れて解説者として野球界に携わっていた。再び現場に戻ってくるのは16年後のこととなる。

おすすめの記事