「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

三原脩監督が大洋で魅せた「三原マジック」【球史に名を残した偉人達】

2017 8/3 12:07cut
ベンチに野球ボールとバットとグローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

三原脩監督の大洋監督就任以前

三原脩選手は高松中学、早稲田大学、全大阪でプレーし大日本東京野球クラブ(現読売ジャイアンツ)に入団。内野手として1936年から1938年の3年間に渡りプレーする。
しかし、選手としては大成しなかった。三原選手は1938年に現役を引退後に現場を離れていたが、1947年に巨人の監督として現場復帰すると、3年目となる1949年シーズンにリーグ優勝(85勝48敗1分)を達成した。しかし、水原茂監督を推す球団内の選手達から「三原監督排斥運動」が起きチームを離れることになる。
1年のブランクを経て1951年に西鉄ライオンズの監督に就任。「打倒巨人」を掲げチームの指揮を執る。1954年にリーグ優勝を飾ったが、日本シリーズでは巨人ではなく中日ドラゴンズに敗れ悲願はならなかった。
その後、1956年から1958年の間に3連覇を達成。日本シリーズでも3年連続で水原監督率いる巨人相手に勝利し念願を成し遂げている。1958年の日本シリーズは史上初の「3連敗後の4連勝」を達成し世間を驚かせた。
3連敗後の4連勝は当時、メジャーリーグのワールドシリーズでも達成されておらず、日米を通じて初の出来事となった。このシリーズで稲尾和久選手が4連投でチームを勝利に導いている。この登板が「神様、仏様、稲尾様」の発端となったのだ。
翌1959年は3連覇から一転して4位に沈んだことで、西鉄の監督を退任。三原監督は1960年から大洋ホエールズの監督へと就任することになる。

大洋ホエールズのそれまで

1960年に三原監督が就任することとなった大洋ホエールズ。1950年の2リーグ制以降で3位以上に入ったことはなく、1952年の4位が最高成績だった。
また、シーズン勝ち越しも初年度となる1950年(69勝68敗3分)の1度のみ。1954年から1959年まで6年連続最下位。2リーグ制以降の10年間で指揮を執るのも渡辺大陸監督、中島治康監督、有馬義一監督、小西徳郎監督、永沢武夫監督、藤井勇監督、迫畑正巳監督、森茂雄監督と次々に変わり三原監督は9人目の監督となった。
このような状況の中で監督に就任した三原監督はファンからも大きな期待をかけられていた。また、西鉄監督時代に日本シリーズで雌雄を決した巨人、そして水原茂監督との再戦も話題を呼んだ。

おすすめの記事