「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

驚異の防御率0.73!藤本英雄選手【球史に名を残した偉人達】

2017 8/3 12:07cut
野球ボールとグローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2度の甲子園出場も優勝はならず

プロ野球史上初となる完全試合を達成したことで知られる藤本英雄選手。旧制下関商業学校時代に1935年、1937年春のセンバツと2度の甲子園出場を果たしている。釜山出身の藤本選手は「藤本八龍」の名で登録されていた。
藤本選手にとって初めての甲子園となった1935年春のセンバツ。初戦の相手は海南中学だった。この試合を藤本選手、木部悟選手のリレーで2-0と完封勝利。同校における甲子園初勝利を飾っている。続く2回戦は愛知商業と対戦。序盤に3点を奪い3-0とリードするも4回、5回に3点、2点と合計5点を奪われ逆転負け。初めての甲子園は2回戦敗退となった。
藤本選手にとって2回目の甲子園は2年ごとなる1937年春のセンバツだった。この大会、初戦で享栄商業と対戦し3-0で勝利を収めている。藤本選手は甲子園において初完封勝利を収めた。前回大会で敗れた愛知県の学校に勝利し見事リベンジを果たした。
続く準々決勝は浪華商業(現大阪体育大学浪商)と対戦。藤本選手は完投するも4失点を喫し0-4で敗退。2年前と同じく2戦目で姿を消すことになる。下関商業を下した浪華商業はこの大会を制し、春夏を通じて大阪府に初の優勝旗を持ち帰っている。
藤本選手は東京六大学の明治大学へと進学する。

大学のスターからプロ野球界へ

1939年に明治大学へと入学した藤本選手。当時の明治大学は1937年春から1938年秋のリーグ戦まで史上初の4連覇を達成。黄金時代を作り上げていた。そこに加わった藤本選手は剛速球投手として君臨。4年時にはノーヒットノーランも達成するなど4年間で34勝(9敗)をマークした。この記録は東京六大学史上10位(2016年終了時点)となっており、明治大では最多となっている。
明大で藤本選手に次ぐ勝ち星を挙げているのは、大洋ホエールズでも活躍したアンダースローの名投手である秋山登選手だ。秋山選手は33勝(17敗)の成績を残している。
藤本選手は1942年9月末に六大学のスタートして東京巨人軍へ入団。当時、スター選手であった巨人の水原茂選手が戦争の影響でチームから離れていた。そういったスター不在の状況にやってきた待望の選手ということで藤本選手は大いに注目を浴びる。先発登板日には新聞での告知もあったほどだ。
初先発時には過去最高の観客動員記録を達成するなど、野球ファンの関心も高かった。

おすすめの記事