「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「怪物と呼ばれた男」!甲子園の怪物を振り返る

2017 8/3 12:07cut
野球ボールとグローブとバット
このエントリーをはてなブックマークに追加

「怪物江川」初めての甲子園

高校野球史上で「怪物」といえば作新学院高校の江川卓選手だろう。
1年夏(1971年)の予選から先発として登板し、栃木県予選で完全試合を達成するなど注目を集めていた。しかし、この予選では準決勝で敗退し甲子園出場はならなかった。秋の関東大会では頭部死球を受け退場した試合で敗退。2年春(1972年)のセンバツにも出場はできなかった。
2年夏の栃木県予選では3試合連続ノーヒットノーランを達成するも、準決勝で延長の末に敗退。2年夏まで一度も甲子園に出場することは叶わなかった。このころから「怪物江川」と呼ばれ、インターネットがない時代ではあったがその名は全国に轟いていた。
その、江川選手が初めて甲子園に出場したのは3年春(1973年)のセンバツだった。2年秋の栃木県予選、関東大会と無失点でチームを優勝に導き初の甲子園切符を手にしたのだ。
初めての甲子園で、江川選手は怪物にふさわしい圧倒的な投球を見せる。初戦の北陽高校戦で2-0の完封勝利(19奪三振)、2回戦に小倉南高校戦では7回無失点(10奪三振)、準々決勝の今治西高校戦は3-0の完封勝利(20奪三振)で準決勝に駒を進める。
準決勝の相手は、達川光男選手(現ソフトバンクコーチ)が所属する広島商業高校だった。広島商業高校は待球作戦で江川選手を攻略。0-1と1点ビハインドだった5回裏にテキサスヒットで1-1の同点に追いつくと、8回にはダブルスチールの際の悪送球から二塁走者が一気に生還し決勝点を奪った。
この試合は9回を投げきったが1-2で完投負け(11奪三振)となり、江川選手は敗れ去った。しかし、この大会で奪った三振60個は2017年春のセンバツ終了時点でもセンバツ記録となっている。
準決勝で敗れはしたものの、江川選手のための大会と言っても過言ではなかった。

最後の夏はあっけない幕切れ

春のセンバツは準決勝で敗退した江川選手。夏の栃木県予選では2試合連続を含む、3試合でノーヒットノーランを達成。5試合で1点も許さず44回を投げ被安打2、奪三振70と春以上に進化を遂げて甲子園に戻ってきた。
1回戦では柳川商業高校と対戦。5回に1点を失うが6回に追いつき試合は延長戦に。延長15回裏に相手のミスから1点を奪いサヨナラ勝ちを収めている。この試合で江川選手は23奪三振を記録。延長戦と言うこともあり参考記録ではあるが当時歴代2位の記録となった。
続く2回戦は銚子商業高校との対戦となった。銚子商業高校との一戦は雨の中、両者一歩も譲らず0-0のまま試合は延長戦へ。雨が降りしきる中12回裏に1死満塁のピンチを背負うと最後はフルカウントから押し出しの四球を与えサヨナラ負け。
最後の一球を投じる前に江川選手は内野陣をマウンドに集め、ストレートで仲間達に勝負することを確認した。皆が納得して投じた最後の一球は高めに外れ怪物の甲子園はここで終わりを迎えた。
その後、江川選手は法政大学、読売ジャイアンツでプレーし偉大な記録を残しているが、原点は怪物と呼ばれた高校時代にある。

おすすめの記事