「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ドラフトにおける一本釣りを振り返る

2017 8/3 12:07cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

競合を避け一本釣りを取る戦略

2016年のドラフト会議において1番の目玉だった創価大・田中正義選手は5球団競合(ソフトバンク、日本ハム、巨人、広島、ロッテ)、明治大のエース・柳裕也選手が2球団競合(中日、DeNA)となった。抽選の末に田中選手は福岡ソフトバンクホークス、柳選手は中日ドラゴンズが交渉権を獲得。両選手の抽選に外れた5球団は桜美林大の佐々木千隼選手に入札し、ハズレ1位で史上最多となる5球団が競合した。抽選の結果、佐々木選手はロッテが引き当てている。

このように、目玉選手は複数球団が抽選に外れるリスクと戦いながら入札を行っていく。

2016年ドラフトでは各球団が牽制しあった結果、田中選手に入札が集中した。ロッテ・伊東勤監督は「佐々木選手の方に指名が集中すると予想したから田中選手へ入札した」という趣旨の発言をしている。佐々木選手に入札を行っていれば一本釣りも可能だったわけだ。

2016年ドラフトでは目玉の一本釣りとはならなかったが、過去には大物と呼ばれながらも様々な事情があり、指名を回避し結果的に一本釣りとなったケースもある。今回は、ドラフトにおける有望選手の一本釣りを振り返ってみたい。

ダルビッシュ有選手を一本釣り!

いまや、メジャーリーグを代表する投手にまで成長したダルビッシュ有選手(レンジャーズ)。そのダルビッシュ選手は、2004年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから1巡目指名され入団に至った。1年目の中盤から先発ローテーション入りを果たすと、2年目から6年連続二ケタ勝利、3年目からは5年連続で防御率1点台の記録を残し、ポスティング制度で海を渡った。

プロ入り前の東北高校時代には1年生時からベンチ入り。2年春夏、3年春夏と甲子園に4回出場。大舞台ではノーヒットノーランを達成するなど実力を発揮し、注目を集めていた。

ダルビッシュ選手がドラフトに掛かる2004年のドラフトは大学生、社会人に限り自由獲得枠が各球団2名まで認められていた。自由獲得枠を利用した球団は1巡目指名ができない。そのために、高校生のダルビッシュ選手を指名できる球団は限られていたのだ。

自由獲得枠を利用しなかった球団は4球団(日本ハム、ソフトバンク、西武、広島)。その4球団が誰を指名するか注目が集まったが、ダルビッシュ選手には日本ハムのみが入札。結果的にメジャーリーガーを一本釣りとなった。

ダルビッシュ選手の実力はどの球団も認めていたものの大学生、社会人の自由獲得枠を優先したために1巡目で高校生の指名ができなかったのだ。また、入団1年目のキャンプ中に喫煙、パチンコが報道されたように素行面の悪さで回避した球団があるとも言われている。

しかし、入団後のダルビッシュ選手は日本ハムの期待に応え、世界を代表する投手までに成長した。これは、球史に残る一本釣りと言えそうだ。

おすすめの記事