「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ドラフト下位指名から飛躍した選手を振り返る

2017 8/3 12:07cut
野球バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミスタータイガースもドラフト6位だった

「ミスタータイガース」と呼ばれ、阪神タイガースの4番として長らくチームを支えた掛布雅之選手。1980年代の阪神を引っ張り、ライバル球団のエース、そして同い年の江川卓選手(巨人)とは名勝負を繰り広げ、ファンを魅了した。
その掛布選手は1973年ドラフト会議で阪神から6位指名を受け、習志野高校からプロ入りを果たす。将来の4番もドラフト時は6位指名と評価はそう高くなかった。「5年後の1978年にドラフト1位指名で阪神へ入団し、小林繁選手とのトレードで巨人へと移籍した江川選手の報道」とは比べものにならないほど扱いは小さかった。
しかし、2年目に11本塁打を放ち二ケタ本塁打をマーク。その後も順調に本塁打数を伸ばし、江川選手が入団した1979年には48本塁打で初の本塁王に輝いている。高校時代に「怪物」と呼ばれていた男を待っていた、かのように掛布選手は覚醒する。
このころから田淵幸一選手の後を受け継ぎ「ミスタータイガース」と呼ばれるようになっていた。その後も、1985年の球団初となる日本一時も自身2度目の40本塁打を放っている。
このように掛布選手はドラフト6位から本塁打王を獲得しチームの象徴となった。2017年現在は阪神の二軍監督として次代の「ミスタータイガース」育成に励んでいる。

広島の下位指名は名選手の宝庫?

1988年のドラフト会議で広島東洋カープは1位指名で野村謙二郎選手を指名。選手としては名球会入りを果たし、トリプルスリーも達成するなど偉大な選手として活躍している。また、現役引退後には監督として、2013年に球団史上初のクライマックスシリーズ進出へと導いている。
その野村選手と同じ年のドラフト5位で入団したのが江藤智選手だった。高校時代は、強打の捕手として活躍していた江藤選手は、プロ入り後に内野手へコンバートされ、5年目(1993年)には本塁打王を獲得。2年後の1995年にも本塁打王、打点王に輝きリーグを代表するスラッガーへと成長した。FAで巨人に入団。その後、西武へ移籍し、通算364本塁打を放っている。
1989年ドラフトでは前田智徳選手(元広島)、1991年4位で金本知憲選手(現阪神監督)、1998年6位で新井貴浩選手と下位指名で名球会入りを果たした選手を指名。スカウティング力の高さを見せている。広島の下位指名は今後も好選手の宝庫となるかもしれない。

おすすめの記事