「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

各球団でエース級の働き!岸孝之選手

2017 8/3 12:07cut
野球ボール,グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

1年目から新人王に迫る勢い

2006年のドラフト会議で希望入団枠を利用し、西武ライオンズへ入団を果たした岸孝之選手。ルーキーイヤーとなった2007年は開幕ローテーションを確保。開幕5戦目となる北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初先発。日本ハムの先発はエース・ダルビッシュ有選手だった。
岸選手は7回無失点、奪三振7と好投。2-0と2点リードと勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。しかし、小野寺力選手が9回裏に2点を失い勝利投手の権利が消滅。デビュー戦を白星で飾ることはできなかった。
2戦目の登板となった4月6日のオリックス・バファローズ戦で8回2死2失点と好投し初勝利をマーク。以降も、先発ローテーションを守り前半戦を6勝5敗の成績で折り返す。後半戦は3連勝スタートを飾るなど5勝2敗とし、シーズン通算で11勝7敗、防御率3.40、142奪三振の成績を残している。
例年であれば新人王でもおかしくない成績だったが、惜しくも受賞はならなかった。この年は東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大選手が新人王を受賞したのだ。田中選手は11勝7敗、防御率3.82、196奪三振の成績という成績だけでなく、高卒ということが評価されたのだ。
岸選手は新人王を獲得できなかったものの、特別表彰である「優秀新人賞」を受賞している。

2年目のジンクスを振り払う

入団2年目の岸選手は初登板で完封勝利を挙げ、2戦目も7回1失点で開幕2連勝を飾る。プロ野球の世界ではしばしば「2年目のジンクス」と言われ、2年目に活躍できない現象が見受けられるが、岸選手には関係がないように見えた。
しかし、ここから岸選手の苦難が始まる。3戦目をプロ入り後ワーストの5回途中8失点でノックアウトされ、シーズン初黒星を喫してしまう。続く4戦目は7回3失点と結果を残したが、5戦目は5回4失点と思うような投球ができなくなった。
5月に入り完封勝利、7回無失点と2戦続けて好投を見せるが、3連勝を狙った試合で2回6失点。安定感を欠いた投球が続く。6月には2試合連続6失点で連敗を喫するなど背信の投球となった。
だが、7月に入ると本来の調子を取り戻したのか、黒星が付くことはなく5連勝でシーズンを締めくくり12勝4敗、防御率3.42、138奪三振と昨年と同等の成績を残し優勝に貢献した。

おすすめの記事