「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

順風満帆ではない!?苦難の連続だった松井裕樹選手

2017 8/3 12:07cut
野球ボール,グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国区になった1試合22奪三振

神奈川県の名門高校である桐光学園出身の松井裕樹選手。
中学時代から「青葉緑東シニア」でその名を轟かせていたが、知名度が全国区となったのは桐光学園2年夏(2012年)の甲子園だ。激戦区の神奈川県予選を勝ち抜き甲子園に出場した桐光学園。松井選手は2年生ながらエースナンバー「1」を背負っていた。

初の甲子園となった松井選手は、1回戦の今治西高校戦で大会史上最多記録を2つ達成した。

5回までノーヒットピッチングを続けていた松井選手が奪った三振は11個。6回先頭に四球を出し、次打者に初めての安打を浴びるが、後続を遊ゴロ、二者連続三振に打ち取り無失点投球を継続する。

その後も松井選手は7回、8回も3者連続三振を奪い8者連続三振。9回も2者連続三振を奪い10者連続三振を記録した。これは夏の甲子園における連続奪三振記録として、2017年現在も甲子園史に残っている。また、この試合で奪った三振の数22個は、9回試合における1試合最多奪三振となっている。

この試合で松井選手の名前は全国的に広がり、決め球のスライダーに多くのファンは驚いた。この大会で松井選手は準々決勝で敗退したが、4試合で68奪三振を記録した。

甲子園出場はならずもドラフトの目玉に

夏の甲子園で1試合22奪三振の甲子園記録を達成した松井選手は、秋季大会で平塚学園高校と準々決勝で対戦。松井選手は平塚学園高校を9回2失点で抑え込むが1-2と惜敗し、春のセンバツへ出場が叶わなかった。

最後の夏は神奈川県予選準々決勝で横浜高校に敗退。2度目の甲子園出場の夢は潰えた。この試合では横浜高校の「AT砲」こと淺間大基選手(日本ハム)、高濱祐仁選手(日本ハム)に本塁打を浴びている。

高校時代に甲子園出場は1度しかなかったものの、大きく曲がるスライダー、150キロに迫るストレートを評価され、ドラフト1位候補として注目を浴びていた。ドラフト会議では東北楽天ゴールデンイーグルス、北海道日本ハムファイターズ、横浜DeNAベイスターズ、福岡ソフトバンクホークス、中日ドラゴンズの5球団が松井選手に入札した。

抽選の結果、楽天が交渉権を獲得し入団に至っている。

おすすめの記事