「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ケガに悩まされながらもチームの柱となった和田毅選手

2017 8/3 12:07cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

浜田高校時代に2年連続甲子園出場

福岡ソフトバンクホークスの和田毅選手は「松坂世代」として甲子園での戦いを経験し、大学野球では史上初の記録を打ち立てた。プロ入り後も活躍しメジャーリーグ移籍も経験している。しかし順風満帆の野球人生とは言いがたく、アメリカではヒジの故障で悩まされるなど、悔しい思いを多々乗り越えてきた。
野球ファンにとって「松坂世代」と言えば、1998年の高校野球を賑わせた1980年生まれ世代プレーヤーたちである。当時「平成の怪物」と評された松坂大輔選手をはじめとして、村田修一選手(巨人)、杉内俊哉選手(巨人)、館山昌平選手(ヤクルト)、久保康友選手(DeNA)、藤川球児選手(阪神)など2017年現在も現役で活躍している選手も多い。
松坂選手が春夏連覇を成し遂げた1998年夏の甲子園で、和田選手は浜田高校の一員として出場。ベスト8の結果を残した。しかし、本人は「(松坂)ダイスケもスギ(杉内)も雲の上の存在だった」と語っている。和田選手は高校時代、自分がプロに行くとは思っておらず、松坂選手との記念撮影の行列に並ぶような高校生だったという。

早稲田大学では476奪三振の六大学記録

和田選手は松坂選手と異なり、大学進学を選択し早稲田大学へと進む。大学では投球フォームを徹底的に見直し、その左腕から三振の山を築く。
高校時代には常時120キロ台だったスピードが140キロを超えるまでになった。トレーナーと二人三脚でどうやったら早い球を投げられるか考えたそうだ。「ドクターK」(Kは三振のこと)の異名を持ち、東京六大学野球では江川卓氏の記録を塗り替え476奪三振を達成した。
この記録はいまだ破られていない(2017年6月現在)。東京六大学春夏連覇、リーグ通算防御率1.35と驚異的な数字で、一躍、各球団のドラフトの注目選手となった。
高校時代から大学時代の飛躍の源はランニングと語る和田選手。ランニングの質も量も上がり、「人生で一番走った4年間だった」と語るほどで、プロに入ってからのスタミナの原型にもなっているという。

おすすめの記事