「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

今後も目が離せない大谷翔平選手のこれまで

2017 8/3 12:07cut
野球ボール,グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

春のセンバツで全国にその名を轟かす

2017年現在、日本プロ野球界で最も注目されている男と言えるのが、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手だ。
2016年シーズンはプロ野球史上初の投手、指名打者と2部門でのベストナインも獲得。第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は故障のために辞退したものの、メジャーリーグ各球団からも注目を浴びている存在だ。その大谷選手はプロ入り前の花巻東高校時代からひときわ目立っていた。
菊池雄星選手(西武)の母校でもある花巻東高校出身の大谷選手。その名が全国に轟いたのは2011年夏の選手権だ。2年生ながら背番号「1」をつけ出場した大谷選手。
故障もあり先発せず4回途中からマウンドに登ったものの、帝京高校に7-8で敗れている。しかし、この試合で駒大苫小牧高校・田中将大選手(ヤンキース)以来となる2年生における150キロをマークし大器の片鱗を見せた。
リベンジを賭けて臨んだ翌春のセンバツでは、1回戦で優勝候補の大阪桐蔭高校と対戦。相手エースの藤浪晋太郎選手(現阪神)から本塁打を放ったものの9失点(自責5)で敗戦。与四死球11と制球が定まらなかったことが敗因となった。
最後の夏は岩手県予選で敗退するも160キロをマーク。夏の選手権終了後には日本代表として、世界選手権に出場し4番を務めた。 そう、大谷選手は高校時代から日本の4番を務めていたのだ。

メジャー宣言から日本ハムの1位指名

2012年オドラフト会議では、甲子園で春夏連覇を達成した藤浪選手、そして夏の選手権に出場しなかったものの、予選で160キロをマークした大谷選手は高校生の目玉となっていた。両選手とも順当にプロ志望届を提出し何球団が競合するのかに注目が集まっていた。
大谷選手には日本だけでなくメジャーリーグの複数球団も注目し、実際に面談まで行っている。そして、ドラフト直前に花巻東高校の先輩でもある菊池選手同様にメジャー志望を打ち出した。会見では「マイナーリーグからのスタートだと思うが、若いうちに挑戦をしたい。プロ野球にもあこがれはあるがメジャーリーグの方が強い」といった趣旨の発言を行っている。
このメジャー表明があったものの日本ハムは指名を行うことを宣言。2011年のドラフト会議で1位に東海大学の菅野智之選手(現巨人)を指名。入団拒否をされているにも関わらず強行でメジャー志望の大谷選手へ入札することを明らかにしたのだ。
注目のドラフト会議では藤浪選手、亜細亜大学の東浜巨選手が人気となり11球団の入札が終わり大谷選手への入札はなかった。最後の入札球団である日本ハムが大谷選手を指名。会場からは大きな歓声が上がった。
しかし、日本ハムはメジャー志望の大谷選手を入団に導く険しい道が待っていた。

おすすめの記事