「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

輝いていた時への復活を目指す浅尾拓也選手

2017 8/3 12:07cut
野球ボール,グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

大学時代に投手としての才能が開花

球界を代表するセットアッパーとして活躍し、落合博満監督時代の中日ドラゴンズを支えた浅尾拓也選手。高校時代までは無名の存在だった。
中学時代は捕手としてプレーしており、愛知県立常滑北高校(現常滑高校)2年時に投手へ転向。高校時代に甲子園出場はなく日本福祉大学に進学している。
その大学時代に投手としての才能が開花し、150キロを超えるストレートを投じるようになる。所属していた愛知大学リーグではノーヒットノーランを記録。一躍、ドラフト候補に名乗り出た。
浅尾選手は愛知県出身ということもあり中日入団を希望。念願叶い2006年の大学生・社会人ドラフトにて3巡目で中日から指名を受け入団に至る。日本福祉大学からのプロ入りは浅尾選手が初めてだった。
プロ入り初年度は先発、中継ぎと両方の役割をこなし19試合(先発5試合)に登板。4勝1敗1ホールド、防御率3.53の成績を残している。しかし、肩の故障があり1年間を通じて登板はできず、オールスター戦以降は2試合の登板に終わってしまった。このように、プロ入り直後から故障に悩まされていたのだ。

開幕投手で白星を手に

2008年シーズンまでチームを支え続けてきたエースの川上憲伸選手が、海外FA権利を行使しアトランタ・ブレーブスへ移籍。先発投手に穴が空いた2009年の中日は、吉見一起選手、チェン・ウェイン選手(現マーリンズ)、朝倉健太選手らが開幕投手を争っていた。その争いに加わったのが前年にセットアッパーとして活躍した浅尾選手だ。
浅尾選手は中継ぎとして2008年に開花。開幕こそ出遅れたものの44試合に登板し3勝1敗1セーブ12ホールド、防御率1.79の成績を残していた。また、岩瀬仁紀選手が北京オリンピックに派遣されている期間中は、守護神に抜擢されている。この結果から、2009年シーズンも岩瀬選手に繋ぐ勝利の方程式としての活躍が期待されていた。
しかし、浅尾選手は先発を希望していたことで他の投手陣と競争を行い、結果を残したことで開幕投手に指名された。迎えた開幕戦では8回1失点(自責0)、無四球、被安打5と好投。勝利投手となり以降もローテーション投手として先発で起用される。
しかし、2戦目、3戦目で4回8失点ノックアウト、7回途中4失点と連敗。その後も柱としての投球はできず、5月半ばに6回5失点で4敗目(3勝)を喫し、中継ぎに配置転換された。
森繁和コーチ(現中日監督)は「先発をあきらめさせるために開幕投手にしたが好投をしたので続けることになった」とも語っている。予想外の好投が先発起用に繋がったのだ。このときに先発としての活躍が長く続けば、中継ぎ投手としての浅尾選手は誕生していなかったかもしれない。

おすすめの記事