「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

すでに完成されたピッチングスタイル!巨人・田口麗斗のすごさとは

2017 8/3 12:07Mimu
野球ボール,グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

今や巨人のローテーションの中心となった田口麗斗選手

かつて、背番号90をつけた選手がこれほどの存在感を放ったことがあっただろうか。読売ジャイアンツの田口麗斗選手は、1995年生まれの若手選手ながら成績の方はすでにエース級。
2016年シーズンにチーム唯一の2桁勝利を挙げると、2017年シーズンも5月終了時点で4勝1敗、セリーグトップの防御率1.73をマークしていた。5月21日のDeNAベイスターズ戦では、無四球完封勝利も記録。いまや巨人のローテーションは彼なしでは回らないほどだ。
ストレートは平均130km/hそこそこ、ビックリするほど速いわけではない。しかし、ゆったりとしたフォームながら腕の振りは鋭く、非常にタイミングが取りづらいフォームをしている。
加えてキレのある変化球と、それを内外に投げ分けるにコントロール。頭を使った投球術で、相手バッターを翻弄してきた。今回はこの田口選手に注目して、そのすごさを紹介していこう。

高校時代からキレのあるスライダーが武器!コントロールも抜群

田口選手のピッチングを語るうえで、やはり「スライダー」の話は欠かせない。高校時代から田口選手の大きな武器であり、とにかく縦に大きく落ちるのが特徴だ。
リリース直後はまるでストレートのように真っ直ぐと進んでいくが、打者の手元に来ると急にストンと落ちる。このキレのあるスライダーとストレート、加えて緩急をつけるためのチェンジアップもある。この3球種だけでも、打者からすればかなり厄介だろう。
そして、これらの球をきっちりとコースに決めることができるコントロールも素晴らしい。特にスライダーに関しては、右打者に対して内に食い込んでくるようなスライダーと、外のボールゾーンからストライクゾーンへと入ってくるスライダー、どちらもかなりの精度で投げ分けることができる。
田口選手は左右のコントロールを間違えることはほとんどない。ボールのキレと内外の出し入れ、これが田口選手のピッチングスタイルだ。

おすすめの記事