「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ツーシームに秘密あり!?ベイスターズの絶対的クローザー・山崎康晃

2017 8/3 12:07Mimu
野球ボール,グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

すっかりおなじみとなった康晃ジャンプ

「ピッチャー 山崎康晃」 彼の名前がコールされた瞬間、球場の空気ががらっと変わる。登場曲に合わせて観客たちがジャンプする「康晃ジャンプ」は、もはや横浜スタジアムの名物の1つとなった。球場が一体となり、これからお祭りでも始まるかのように、彼の登場を迎える。
2017年シーズンは、4月中盤ごろに中継ぎ降格となってしまったが、5月頃より再びクローザーに復帰。やはりベイスターズの勝利を締めくくるのは彼しかいない。今回は、今後もベイスターズの守護神として活躍するであろう、山崎康晃選手を紹介していく。

1年目からクローザーに大抜擢!新人王に選ばれるほどの活躍

山崎選手は帝京高校から亜細亜大学を経て、2014年のドラフト1位で横浜DeNAベイスターズへと入団。新人ながら開幕からクローザーを任される。もともとは先発投手として期待されていたのだが、オープン戦でなかなか結果が出ずに中継ぎに降格。
しかし、開幕直前になって前年のクローザーだった三上朋也選手が怪我で戦列を離れてしまい、その代役に山崎選手が抜擢されたのだ。もともと大学3年生の時の国際試合でクローザー経験があった山崎選手、首脳陣の期待以上の働きを見せ、様々な新人セーブ記録を樹立していく。
3月31日のカープ戦でプロ初セーブを記録すると、4月22日から5月8日まで新人記録となる9試合連続セーブも達成。5月の月間10セーブ、そしてシーズン37セーブもNPBの新人記録となっている。最終的な成績は58試合で2勝4敗37セーブ 防御率1.92、セーブ機会での失敗はほとんどなく、文句なしでの新人王に選出された。

おすすめの記事