「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代の珍アクシデント、ハプニング【東京ヤクルトスワローズ編】

2017 7/10 10:25tomon
東京ヤクルトスワローズ,ホーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 ROG

1949年に国鉄スワローズとして球団結成以来、現在の東京ヤクルトスワローズに至るまでの長い歴史の間に、ついついやってしまった珍アクシデントやハプニングの数々を大公開してしまう。 これはもう笑わずにはいられない!

観客席へボールをポイッ!ファウルと勘違い

2015年7月20日の横浜DeNA戦で起こった珍プレーだ。 8-3と5点リードで迎えた7回裏の横浜DeNAの攻撃で、バルディリス選手が打ち上げた打球を山田選手と雄平選手が追いかけていき、フェアゾーンで山田選手がキャッチしようとしたが落球。そのボールをすかさず雄平選手が拾ったので、ベンチはホッとしたところ、なんと雄平選手がスタンドの子どもにポイッと渡してしまったのだ。
慌てて山田選手がボールを取り戻したが、その間にバルディリス選手は二塁まで達しており、さらに「テーク・ワンベース」で三塁ベースまで許してしまったというプレーだった。

古田選手の引退試合でうれしいサプライズ!

2007年10月7日の広島戦が古田選手の引退試合だった。8回裏が最後の打席となり、マウンドにはなんと先日引退試合を終えたはずの同期の佐々岡投手が登場したのだ。突然のサプライズに観客もアナウンサーも大興奮!
結果はショートゴロに終わったが、両選手とも握手を交わし、古田選手が佐々岡投手に花束を贈呈したという感動的な場面だった。引退試合後の登板は前代未聞のことで、古田選手との熱い友情が感じられた。

おすすめの記事