「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

たっぷり見せます!埼玉西武ライオンズの歴代珍場面5選

2017 7/10 10:25tomon
埼玉西武ライオンズ,ホーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 DX Broadrec

2008年に球団名を変更して10年目のシーズンを迎える埼玉西武ライオンズ。 相変わらずイケメン揃いのライオンズに珍場面などありえない!と思うかもしれないが、中でも厳選した5つの歴代珍場面を紹介しよう。

ボールの代わりにグラブが飛んできた?!

2015年6月7日の横浜DeNAベイスターズとのセ・パ交流戦で、とんでもない珍プレーが勃発した。
3回1死ランナーなしの場面で、飛雄馬選手の打った一二塁間に転がる打球をエルネスト・メヒア選手がキャッチしたが、ボールがグラブから抜けないのだ。慌てたエルネスト選手は、グラブが挟まったグラブを両手で持ち、ベースカバーに入った郭俊麟選手に向かって、上から投げたのだった。
ボールは空中でグラブから抜けたが、本塁方向に転がっていき、内野安打となってしまった。ボールがグラブに挟まることはよくあり、その際大抵は下から投げるので、上から投げることは極めて珍しいことだ。

コーチを襲った悪送球

2015年8月14日の福岡ソフトバンクホークス戦では、危うく大惨事になる珍事があった。
5回裏の福岡ソフトバンクホークスの攻撃で、2塁走者を3塁へ送る送りバントが行われた。打球はピッチャー前に転がったので、十亀投手はすくいあげて3塁へ送球したつもり?が、球はコーチャーズボックスにいたソフトバンクの飯田コーチをめがけて襲い掛かったのだ。
飯田コーチは顔面スレスレで通過する球をうまくかわし、無事無傷。飯田コーチのファインプレーだった。

おすすめの記事