「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代の珍アクシデント、ハプニング【千葉ロッテマリーンズ編】

2017 7/10 10:25tomon
千葉ロッテマリーンズ,ホーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 redlegsfan21 from Vandalia

思わず笑ってしまう!? 1949年に毎日オリオンズが球団結成から現在の千葉ロッテマリーンズに至るまでに起こった、珍アクシデントやハプニングを包み隠さず紹介。さて、あなたはいくつご存知だろうか?

アルバイトでプロ野球?の珍事実

1953年の毎日オリオンズ時代のこと。横須賀基地勤務のメジャーリーグ経験を持つレオ・カイリー選手の正式入団を願ったものの、軍を除隊させることができなかったので、休日とナイターのみ出場するアルバイトとして契約を交わした。
その成績はミラクルなもので、同年8月8日にリリーフとしてデビューし、1ヶ月間に6試合の登板で負けなしの6連勝を挙げたのだ。結局、翌9月には除隊命令が出たので帰国したものの、実質1ヶ月間のアルバイト投手の存在は、今では信じられない珍ハプニングだ。

マーくんの首ちょんぱ事件

千葉ロッテマリーンズのメインキャラクターであるマーくんは、6歳のカモメがモチーフの4代目だ。そのマーくんも、派手な珍アクシデントをやらかしてくれた。
2005年セパ交流戦の5回裏終了時に行われたベースボールオリンピック、この日は、横浜ベイスターズのホッシーとの対決だった。グラウンドに置かれたフラッグをめがけて走っていったものの、両者がダイビングした拍子に倒れ込み、マーくんの首がもげてしまったのだ。
場内は大爆笑で、ホッシーと係員が慌てて首をはめるという事件になった。

おすすめの記事