歴代の珍アクシデント、ハプニング【千葉ロッテマリーンズ編】|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代の珍アクシデント、ハプニング【千葉ロッテマリーンズ編】


千葉ロッテマリーンズ,ホーム

出典 redlegsfan21 from Vandalia

思わず笑ってしまう!? 1949年に毎日オリオンズが球団結成から現在の千葉ロッテマリーンズに至るまでに起こった、珍アクシデントやハプニングを包み隠さず紹介。さて、あなたはいくつご存知だろうか?

アルバイトでプロ野球?の珍事実

1953年の毎日オリオンズ時代のこと。横須賀基地勤務のメジャーリーグ経験を持つレオ・カイリー選手の正式入団を願ったものの、軍を除隊させることができなかったので、休日とナイターのみ出場するアルバイトとして契約を交わした。
その成績はミラクルなもので、同年8月8日にリリーフとしてデビューし、1ヶ月間に6試合の登板で負けなしの6連勝を挙げたのだ。結局、翌9月には除隊命令が出たので帰国したものの、実質1ヶ月間のアルバイト投手の存在は、今では信じられない珍ハプニングだ。

マーくんの首ちょんぱ事件

千葉ロッテマリーンズのメインキャラクターであるマーくんは、6歳のカモメがモチーフの4代目だ。そのマーくんも、派手な珍アクシデントをやらかしてくれた。
2005年セパ交流戦の5回裏終了時に行われたベースボールオリンピック、この日は、横浜ベイスターズのホッシーとの対決だった。グラウンドに置かれたフラッグをめがけて走っていったものの、両者がダイビングした拍子に倒れ込み、マーくんの首がもげてしまったのだ。
場内は大爆笑で、ホッシーと係員が慌てて首をはめるという事件になった。

ライオンズとの遺恨

1973年5月3日、川崎球場で太平洋(現在の西武)戦の7回、太平洋ファンが大量リードされていることでいらだち、グラウンドに瓶や空き缶を大量に投げ込んだあげく、一時は試合を中断させるまでに追い込んだのだ。
危険なので、ロッテ野手陣はヘルメットをかぶって守備に就き、三塁手の有藤通世選手はいつもよりもショート寄りに守っていた。そこで、太平洋の稲尾和久監督は三塁線へセーフティバントを指示したところ、ロッテの金田正一監督はこの采配に対して野次を連発するという、両チームとも殺気だった試合になった。

プロ野球史上初!悪夢の18連敗

1998年、近藤昭仁監督にとって2年目のシーズン。4月は11勝5敗という好成績でスタートしたが、主要投手陣が次々に負傷し、助っ人もケガで解雇され、6月13日の対オリックス戦を皮切りに、6月30日の対西武戦の引き分けを挟んで7月8日の対西武戦までプロ野球史上初の18連敗というアクシデントに見舞われた。
その後、踏ん張って貯金を10まで積み上がったが、連敗の影響は大きく、結局最下位という残念な成績だった。

チームを盛り上げた「チェイス・ランビン」

2009年6月7日、この日はランビン選手の30歳の誕生日だった。1回表1死、2ストライク3ボールに追い込まれてからライトへ高々と第4号のバースデー満塁ホームラン!この回は一挙6点を先取した。
そして、試合終了後のヒーローインタビューは、もちろんチェイス・ランビン選手!記者団の前で、名物の「ランビンダンス」をランビン応援歌に合わせて披露し、スタンドの観客にタッチしてファンサービスした。選手登録を抹消されていた最終戦には、観客席に現れてファンに挨拶をする場面もあった。

まとめ

千葉ロッテマリーンズのハプニングを振り返ったが、ご存知の場面はあっただろうか? 1949年の球団創立から長い歴史を持つマリーンズには、勿論多くの珍ハプニングやアクシデントもある。 動画サイトを検索すると、当時の状況がよりリアルに詳しく再現されるだろう。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

4/22 21:31更新

パ・リーグ

4/22 21:31更新

交流戦

オールスター

クライマックスシリーズ

日本シリーズ

4/22 21:31更新

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!