「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

目指すは日本一奪還!福岡ソフトバンクホークスキャンプ2017検証

2017 7/10 10:25mikky
福岡ソフトバンクホークス,ホーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Kltdexp

2016年終盤に日本ハムにかわされたことでシーズン2位、クライマックスシリーズもファイナルで敗退したソフトバンクホークス。 悔しさを味わった常勝軍団が、雪辱をかけて臨む2017年シーズンを占うキャンプの成果を検証する。

WBCで主力が抜けても若手中心の活気あるキャンプに

春季キャンプイン直前に「秋には日本一が奪回できるシーズンにしたい」と語っていたのは、ソフトバンク・工藤公康監督。キャンプ後には「けが人もなくハツラツと過ごせた」と仕上がりにも満足の様子だ。
3月のWBCに向け、主力の内川聖一選手、松田宣浩選手、武田翔太選手、千賀滉大選手が侍ジャパンのキャンプへ入り、3人の外国人選手もそれぞれの国のチームへ合流。抜けた選手の穴を埋めるべく若手が中心になり、投手陣の仕上がりの早さにも満足していた。

開幕投手は満場一致の和田毅選手36歳

開幕投手は、満場一致で36歳を迎えた和田毅選手が務めることが発表された。
誰からも認められる和田選手に大役を任せる考えを示した工藤監督は、紅白戦で2回4失点(2月19日開催)となったが、フォームなどの試行錯誤を経て、悩みは吹っ切れた様子だ。
投手陣の層が分厚いチームの中心として、期待がこもった指名を受け、昨季の最多勝と最高勝率を挙げた和田選手は、「昨年の悔しさを晴らしてくれたと思ってもらえる投球をしたい」と意気込みを示している。

おすすめの記事