「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球のオープン戦にはどういう意味がある?オープン戦について解説

2017 7/10 10:25おおたき
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrey Yurlov/Shutterstock.com

プロ野球で行われているオープン戦は公式戦や練習試合と違い、監督、選手、ファンにとり、その年の調子を占い、また地方ファンに向けてのエキシビションも兼ねており、大事な意味合いを持っている。 そんなオープン戦とは何なのか。 本稿を読み、今まで以上にオープン戦を楽しんでいただければ幸いである。

オープン戦とは

プロ野球のオープン戦とは、公式な試合が始まる前に行われる非公式な試合のことである。オープン戦は和製英語であり、英語ではエキシビジョンゲーム、プレシーズンゲームと呼ばれる。
日本のプロ野球では、公式リーグ戦が始まる前の調整試合として行われ、セ・リーグ、パ・リーグの間で交流試合を行っている。以前は、平日休日の昼間に行われるデーゲームが一般的だったが、ドーム球場が増えたことにより、近年ではナイトゲームの試合も増えてきた。

オープン戦の役割とは

オープン戦は、選手たちのキャンプの成果を試し、公式戦に向けて監督とコーチが各選手の状態を実戦でチェックすることができる。若手の選手や新人選手、他球団から来た選手などをどのように起用していくか実戦で試すことができる。
また、公式戦があまり行われない明石市、焼津市、小牧市といった地方都市で開催されることも多く、地方のファンにプロ野球を生で見てもらうという名目にも役立っている。セ・リーグ同士、パ・リーグ同士のオープン戦もあるため、公式戦さながらの迫力がある。

おすすめの記事