「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

埼玉西武ライオンズの奇跡は、87年のあの走塁!

2017 7/10 10:25Mimu
埼玉西部ライオンズ,西武ドーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 DX Broadrec

埼玉西武ライオンズは1980年代に黄金期を築いていたので、劇的な優勝は多くない。 しかしそんな中、奇跡的なプレーとしていまだに語り継がれているものがある。 そのプレーは1987年の日本シリーズで起こった。

80年代は黄金期だった西武ライオンズ

1980年代~90年代の西武ライオンズは黄金時代だった。70年代こそBクラスを9度(うち最下位が6度)経験するなど、非常に低迷していたこともあったが、82年に広岡達郎氏が監督に就任すると、就任1年目で日本一を達成してしまう。そして83年も優勝し、連覇を達成。
監督が森祇晶(もりまさあき)氏に代わった後も、85~88年に4連覇、90年~94年に5連覇しており、まさにパリーグには敵なしという状態だった。
これ自体が奇跡的な成績かもしれないが、今回はその中でも87年の日本シリーズに起こった、いまだ語り継がれる奇跡的なプレーに注目していく。

巨人との死闘を繰り広げた日本シリーズ

1987年の日本シリーズは巨人が相手だった。当時の巨人は4番の原辰徳選手をはじめとして、首位打者・篠塚利夫選手や、絶好調男・中畑清選手、天才・吉村禎章選手に、巨人史上最高助っ人と名高いウォーレン・クロマティ選手など。投手陣にも桑田真澄選手や、槙原寛己選手、江川卓選手など、名投手揃いのチームだ。

シリーズが開幕すると、両者譲らず一進一退の攻防が続く。第1戦では中畑清選手が決勝ツーランを放って巨人が勝利したと思えば、2戦目で工藤公康選手が完封勝利を挙げ、西武が1つ返す。続く第3戦は西武の郭泰源選手が1失点に抑えると、打線が江川卓選手から2本塁打を放ち、2-1で勝利。しかし、第4戦では槙原寛己選手が西武打線を完封し、2勝2敗の五分に戻す。

第5戦では第1戦でKOされた東尾修選手が意地を見せ、3-1で勝利。先に王手をかけたのは西武だった。そして、いよいよ第6戦を迎える。

おすすめの記事