「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【前身2球団あり】オリックスバファローズの奇跡を振り返る

2017 7/10 10:25Mimu
オリックス・バファローズ,京セラドーム大阪
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Sakuraikubuki

今回はオリックスバファローズが起こしてきた奇跡の中から、近鉄時代のものとオリックス時代のものを1つずつ紹介していこう。 長い歴史を持つ両チームだが、いったいどのシーズン、どの試合が選ばれるのだろうか。

近鉄バファローズ2001年の軌跡

まずは近鉄バファローズ時代の奇跡から紹介しよう。近鉄バファローズの奇跡といえば、89年の西武との優勝決定戦(のちに「10.12」と呼ばれることになる試合だ)も捨てがたい。だが、今回は2001年のあの試合を紹介する。
2001年の近鉄バファローズは、破壊力抜群の打線を武器に、パリーグを突っ走っていた。勝つときも負けるときも豪快で、4月には4連敗をした後に7連勝、5月にも5連敗後に7連勝と、不安定ながら貯金を重ねていき、何と10年ぶりに前半戦を首位で折り返す。
しかし、2位ダイエーとのゲーム差も1.5しかなく、決して安泰の首位ではなかった。特に後半戦は直接対決を落としてしまうことも多く、さらに西武も首位争いに加わってきたりと、この混戦は9月の中旬まで続く。

9月に大型連勝で一気にマジック点灯

しかし、そんな状況についに終止符が打たれる。9月頭にまた5連敗をしてしまったが、9日~12日に4連勝。14日に1つ負けを挟んでしまうが、16日・17日にも連勝を決めて首位を奪い返すと、さらに18日の試合で3連勝を決め、マジック6を点灯させる。そして19日・23日・24日・25日の試合にも勝利し、圧巻の7連勝を記録。マジックを一気に減らす。

そして奇跡が起きたのが26日のオリックス戦だった。先発のバーグマンが4失点、さらに中継ぎも失点し、9回表終了時点で2-5と非常に劣勢な状態。しかし9回の裏、相手守護神の大久保勝信選手を攻め、先頭の吉岡雄二選手がレフト前で出塁すると、川口憲史選手も2塁打で続く。さらに益田大介選手が四球を選んで満塁に。そしてここで梨田監督は、代打・北川博敏選手をコールするのだ。

おすすめの記事