「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本シリーズで起きる!?千葉ロッテマリーンズの奇跡を振り返る

2017 7/10 10:25Mimu
千葉ロッテマリーンズ,ZOZOマリンスタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 redlegsfan21

千葉ロッテマリーンズの奇跡といえば2010年だろう。この年、ロッテはレギュラーシーズンをパリーグ3位で終えた。 しかし、レギュラーシーズンが終わった後に、ロッテの真骨頂は発揮されたのだ。

混戦だった2010年のパリーグ

2010年のロッテは、75勝67敗2分という成績で、ソフトバンク、西武に次いでパリーグ3位という成績だった。しかし、3チームのゲーム差はたった2.5しかなく(さらに4位の日本ハムとの差も0.5ゲームしかなく、3ゲーム差に4チームがひしめいていた)、その戦力による差はほとんどなかったといえるだろう。

そしてポストシーズン、ロッテの奇跡が始まっていく。まずは2位西武とのクライマックスシリーズから。結論から先に言えば、ロッテが2連勝でファイナルシリーズへと進出するのだが、この2試合はどちらが勝ってもおかしくない、非常に中身の濃い試合だった。

劇的な試合が続くクライマックスファーストシリーズ

第1戦は成瀬善久選手と、涌井秀章選手という両エースの投げ合いとなった。試合は8回の表を終わり1-1という緊迫した内容だった。しかし、先に成瀬投手が降板した8回裏、西武はロッテの中継ぎを攻め込み、一気に4点を上げて1-5とする。ロッテの万事休すかと思われた9回裏、こちらも西武の中継ぎ陣を攻め立て、何と土壇場で同点に追いくのだ。そして延長11回、試合を決めたのはベテランの一振りだった。福浦選手が勝ち越し本塁打を放ち6-5.そして最後は小林宏之選手が締めてロッテが先勝する。

続く第2戦。初回に西武が3点を先制すると、3回にも1点を追加し、主導権を握ったかのように見えた。しかし、ロッテが1点ずつこつこつ返していくと、9回の表に里崎智也選手の本塁打が飛び出し4-4の同点に。2試合連続の延長戦にもつれ込むのだ。そしてまたも11回表、井口選手にタイムリーが飛び出し、5-4でロッテが連勝!2試合とも劇的な勝利をおさめ、ファイナルステージへと駒を進める。

おすすめの記事