「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

時代を彩ったライバル選手たち【セ・リーグ編】(2)

2017 7/10 10:25cut
バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrey Yurlov/Shutterstock.com

ライバル対決というと投手対打者の構図が思い浮かぶかもしれない。 しかし、打者対打者のライバル対決もあるのだ。 今回は白熱したタイトル争いを見せてくれた、松井秀喜選手とロベルト・ペタジーニ選手の対決を紹介する。

「ゴジラ」こと松井秀喜選手

松井選手は、星稜高校時代に夏の甲子園で5打席連続敬遠で社会的現象となり、ドラフト会議では長嶋茂雄監督が抽選を引き当てて満面の笑みでサムアップを披露するなど、周りで騒がれる選手だった。
巨人に入団後は2年目からレギュラーに定着し、6年目となる1998年に本塁打王と打点王を獲得するなど、球界の中心選手になっていた。日本球界にはライバルがいないのではないかとも思える驚異的な打撃能力で、ファンを魅了していたのだ。

日本最盛期の松井選手と互角だった男・ペタジーニ選手

ペタジーニ選手は1999年にヤクルトに入団し、主砲として初年度から活躍する。豪快なスイングから繰り出される一発は多くのファンを虜にし、打率.325、44本塁打、112打点と優良助っ人ぶりを発揮する。
その後、ヤクルトでは2002年までプレーし、成績だけでなく、毎年130試合以上に出場する頑丈さを売りにしており、セ・リーグの他のチームからは脅威とされていた。
2001年には本塁打王、打点王を獲得して日本一に貢献している。この当時からヤクルトの外国人は”あたり”が多いと言われるようになった。

おすすめの記事